ものづくり【背負子完成】自分で使う背負子ができました!

背負子が完成しました
ちょっと見栄えが悪いことと、肩ひもがきついことなどの不具合もありますが、まあ使えたら最高です。

これで、訳アリの妹を箱に入れて背負うことができそうです。

藁を巻きます

どのくらいきつく巻いたらよいか見当もつきません。
何しろ本物を見たり触ったりしたことがないものですから。
都会育ちなもので、、、。

杉の棒がちょっと黒いのは、ロウを塗ったのです。

藁巻き終了

結構きれいに巻けました。
釘や針金は使っていません。
自然のものだけで作りましたが、電動ドリルを使ったのがちょっと反省点。

肩ひも作り

肩ひもは、わら縄とタコ糸で作りました。
どうしたら肩に食い込まないようにできるかをいろいろ試してこの編み方になりました。

藁は滑らないので、とてもいいですね。
背中もちょうどいいクッションになります。
それに縛って止めなくても摩擦で止まるので簡単便利。

薪止めの棒削り

同じ素材(杉)で、巻きが落ちないように止める棒を作ります。
ナイフとのこぎりと斧で削りました。

穴に通すために何センチかを削って細くして穴に通します。

穴あけ(手動ドリル)

穴あけはハンドドリルでやりましたが、途中で後悔しました。
大変すぎます。
次回は絶対に電動ドリルを使いたいって思います。

穴ができました

棒を差し込みます

これは、外すことも考えられるので、竹のくぎは使いません。
反対側からたたけば外れるような仕組みにします。

完成!!

完成して気が抜けました

ここまで延べ8時間。
結構藁を巻く作業にてこずりました。

首が右に傾いているのは、疲れた様子を表現しています。
これで、明日晴れたら、山へ芝かりに行きましょう。

いやあ、自分で使うものを作るって楽しいです。
でも微調整が必要なようです。左右の肩紐の長さが違っていました。

ものづくり【背負子完成】自分で使う背負子ができました!” に対して6件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    穴あけも手作業で大変だったと思いますが、肩紐とかも地道な作業で大変だったと思います。
    …大変にお疲れ様です。

    訳あり妹ww

    これで、山の呼吸、壱ノ形「薪拾い」が発動出来そうですね(笑)

    1. match より:

      「薪拾い」のときに、集めた薪をどうやって背負子に積んでいくのか、わかりません。
      一気に積めるわけないし、少しずつ足しながら、縛っていくんでしょうか。

      今日は山の呼吸、弐の形「蜘蛛の巣払い」を作ります。

      1. BLACK EYE より:

        見栄えを感じなければ平たいゴム紐を左右に縛ってその中に入れてくとか、そっくり蛇籠をくくり付け背負うとか?

        …中々、全集中しちゃいますね(笑)

        1. match より:

          ゴムひもはいいかもしれません。
          重い枝を乗せなければ、可能ですね。
          蛇かごって何ですか?

          1. BLACK EYE より:

            蛇籠じゃないや…竹籠…栗拾いに使いそうなヤツにどんどん入れてくとか?

          2. match より:

            ちょうど竹籠貰いました。四角いやつですがずいぶん重いです。
            でも入れやすいかもしれませんね。
            ちょっと使ってみます。

コメントを残す