私の宝物【プレゼント編】

はじめに

物置や、段ボール箱を整理していると、思わぬものが見つかることがあります。
先日見つかったのは、以前プレゼントされたものです。
なかなか捨てられなくて、今に至っています。
そんなものを紹介したいと思います。

食べ物や飲み物は残っていないので、省略しました。
また、現在の奥さんにもらったものも、入れていません。

小さいころ

子どもの頃には、あまり親せきと付き合いがなかったので、貰いものはありません。
おじさんという人が外交官だったらしく、外国のお金をもらった記憶があります。
5セントと1セントでした。

毛糸の帽子

この帽子は、3歳くらいの頃個にかぶっていたものです。
父親が、肺結核になって入院していたため、新潟の柏崎という所にいるおばあちゃんの家に厄介になりました。
その時の写真にっかり写っています。
この帽子は、おばあちゃんが編んでくれたのか、母が編んだのか、不明です。
浪人生の時にも、冬にかぶっていました。
もう何年かで還暦を迎える帽子です。

中学時代

たった3年間ですが、プレゼントをあげたりもらったりしたことはあまりありません。
一番覚えているのは、好きだった子の誕生日に、バラの花束を届けたことかな。
そしたら、お昼でも食べて行けって言われて、月見うどんを注文してもらい、一緒に食べました。
ツルツルのうどんも、なかなかのどを通っていかなくて、味もしませんでした。
入っていた生卵が苦手だったので、一気に丸呑みしたことを覚えています。
私が13歳の時、7月10日のことです。

マフラー

写真はありません。

好きな子から、手編みのマフラーをもらいました。
真っ白で、長くて、うれしかったけど、気恥ずかしくて使えませんでした。
今も、実家にあるのかな?
今度聞いてみよう。
あったら、ソフランで洗って、使います。

高校時代

高校時代に恋をした人はわずかふたりです。
その人たちからの贈り物が残っています。
ケーキやチョコレートは食べたしまったので残っていません。

人形

お別れすると決まった直後、
「わたしの代わりに嫁いで!」
と、渡された人形です。
45年ずっとそばにいます。
あなたはそんなことは知らないでしょう。

もう二度と会うことはないけれども、真心はずっと受け取ったままですよ。
人形も、、、。
1年くらいしか付き合わなかったけど、彼女が初めての恋でしたから、舞い上がりましたね。
清く淡い交際だっただけに、なおさら心に残ります。

受験勉強の日本史で、あなたの名前は、冠位十二階からとったものだと知りました。
それも、一番下の位です。
上品ですね。

コーヒーカップ&ソーサー

クリスマスプレゼントに、手作りケーキと一緒にもらったと記憶していますが、定かではありません。
カップは、手元にありませんでした。
実家にある可能性が高いです。
ここにあるのは、ソーサーだけ。
片割れになって、淋しそうです。

手編みのミトン

「私が初めて編みました。」
と手紙に書いてありました。
「はじめて」に弱い自分はメロメロです。

そういえば、この人にチョコレートを貰った時も、
「私が初めてあげたチョコなのよ。」
って書いてあったような気がします。
「はじめて」詐欺か???

小銭入れ・ペンケース

小銭入れも結構使いました。
ペンケースは、10年以上使いましたね。
今はカサカサになっています。
45年の歳月で革が古くなってしまって、、、。
宝箱に鎮座しております。

ペンケースが見当たりません。
最近片付けて、どこにしまったのやら、、、。

セーター

緑色のTAKAQのセーター。
手紙には、お母さんと一緒に行って選んだとありました。
M君は色が白いから、緑が似合うかな?
って書いてありました。
思い出すと、今でも胸キュンです。

ずいぶん着て、肘がすれて穴が開いてしまったので、革を買ってきて、自分で手縫いしました。
それを見てもらうことはなかったけどね。

大学時代

大学時代は、ほとんど恋をしていません。
いいなと思う人には、思いを伝えることができなくて、彼女が卒業する何日か前に、伝えましたが、、、。
「もう、遅い!」
と言われてしまいました。
当然ですよね。
その後、その彼女は、テレビのドラマに出たり、CMに出たりしていましたが、今はどうしているのでしょう。

その後

就職してからは、人にものをプレゼントするなんてめったにしません。

ボールペン

彼女が使っているクロスのボールペン。
「イイね。」
って言ったら、誕生日に同じものをプレゼントしてくれました。
大切過ぎて、あまり使っていないのはもったいないですね。

あとで調べたら、相当な値段。
毎日使おうかな。
彼女は、書道の先生の資格を持っていて、日展に作品を出すほどの腕前だったらしいです。
弘法筆を選ぶ?

外国土産の栞

これもボールペンの彼女が、くれたものですが、癇癪を起して捨ててしまいました。
いい香りのする、外国の土産だったと思いますが、もったいないことをしました。
自分は癇癪持ちなので、何をしでかすかわかりません。
最近は落ち着いてきたというものの、、、。

この彼女とは、結婚しようと思っていました。
写真は、ありません。
実物もありません。

カリグラフィーのペン

これは前の奥さんから誕生日のプレゼントとしてもらったもの。
カリグラフィーに興味があったからとても嬉しかった。

おわりに

自分が、恋愛を肯定的に捉えることができたのは、今まで、好きだった子たちのおかげだと思っています。
悲しい別れや、辛い思い出もありましたが、おおむねHAPPYでした。

まわりが見えなくなる性質を受け継いでいるのか、夢中になると、とことん進んでいこうとします。
それで、人を不幸にしてしまったこともあります。
でも、過去は振り返らないようにしています。

でもたまに、過去の遺物をみると、甘酸っぱい思い出がよみがえってくるくらいです。
ほんとうにありがとう。
そう思います。

Follow me!

私の宝物【プレゼント編】” に対して2件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    …凄いですね、幼少の頃の帽子なども取っておいて。

    自分なんかは思い入れ有っても捨ててしまう物も有るのに…いや、記憶の中でどうしても依存したい…記憶を辿るキーになるモノ…触媒となる物を残して置いてるんですかね?

    忘れたい記憶ばかりの自分には感心する事ばかり…やり直したくともやり直せない。…取っておいて居たくとも、家族が他人が勝手に捨ててしまう事も有ったり。

    恋愛に関しても、女性に対する憧れや尊敬や別れ際にも記憶を共有するってなんかほんとに愛し愛されてますね〜
    …自分は二次元の女の子には一方通行な恋をしたかもですが(笑)…勝手な恋愛だからわだかまりもクソも無い。…風景を眺めて要るのと何にも変わらないですね。

    ともあれ「記念」って大事ですね。その人の生きた証の一つですね。

    1. match より:

      小さいころに大切にしていたおもちゃは、散逸してしまっています。
      貴重さが分からず、捨てられてしまったのでしょう。
      マッチ箱に、コルゲンコーワのカエルを寝かせて、かわいがったりしました。
      二つ重ねて、2段ベッドにしたり、、、。
      取っておけばよかったんですが、昔の日本は古いものをどんどん捨ててしまう風潮だったから、、、。
      残念です。
      今度実家の母に聞いてみようと思います。

コメントを残す

前の記事

964?

次の記事

LUCKY DAY