パイプの楽しみ

初めてパイプを使ったのは、20年前のことです。
父親がガンで亡くなり、やっと自由になったから。
それまでは、酒もたばこも飲みませんでした。

その時から、タバコ屋、酒、葉巻も解禁。
その中でも一番難しかったのが、パイプでした。

それから20年経ちますが、あまり上達していません。

理想は、ツイードのジャケットにパイプを忍ばせておいて、ポケットの中で、タバコの葉を詰め、ポケットから出した時には、火をつけるだけにしておく方法。

ライターもいいけど、やっぱりマッチで付けたらなおさらいいですね。

パイプを始めた頃

初めて買ったパイプはこれです。

3000円位の安物です。
でもこのパイプで、勉強させてもらいました。
なかなか火が付かなくて、何度も試しました。

次にこの1本。

一番気に入っているのは、ヤフオクで手に入れた細身のパイプです。

お気に入りのパイプ。
ホールが小さいのですぐに終わるが、そこがまたいい。

 パイプ喫煙に必要なもの

パイプを吸う時に必要なものはいくつかあります。

パイプ

好きな形、好きな大きさを選んでください。
おあススメはオーソドックスな形です。

タンパー

パイプに火をつけてしばらくすると、ひとりでに灰が上に上がってきます。
そのままにしていると火が消えてしまうので、上から押さえます。
このおさえる道具がタンパーです。
別に指でやっても良いのですが、我慢できない程熱いので、やめたほうがいいですね。

慣れた人は、指で押したりしています。

タンパーに、パイプを削る道具が付いています。
パイプの壷の中が焦げて煤がたまるので、削ってあげるための道具です。

マッチでもライターでも、ジッポでもなんでも結構ですが、時と場合によって使い分けるとよいでしょう。
火口が、上を向いていますので、ターボライターで付けると楽です。
慣れてくれば、何でも大丈夫ですが。

パイプ用のライターも販売されています。
斜めに火が出ます。

パイプ用タバコ

はじめはどの銘柄を選んでよいのかわかりません。
私もそうでした。
買ったはいいけど、香りがどうもよくない、自分には合わないというものもありました。
失敗もいいものです。
保存しておいて、ちょっと後で試したら結構いいこともありますから、、、。

種類は沢山ありますが、香りのついているものと、本当のタバコの香りしかしないものとに分かれます。

香りのついているタバコ

バニラ、チョコレート、チェリー、ウイスキー、などがあります。
これも好き好きなので、ある人はココナッツの香りの葉っぱばかりだったりします。

私はバニラが好きです。
家の中じゅう、いい香りがするので、タバコ臭くないのが気に入っています。

左はパイプ用のタバコです。
あとの2袋はローリング用。つまり紙巻きたばこ用です。
どちらもあまり気にしないでごっちゃにして使っています。

タバコの香りのタバコ

本当にタバコが好きになるとこちらに移行すると思います。
香りは好き好きです。
たくさん試して、自分のお気に入りをみつけましょう。
酒と同じですね。

掃除用具

ごくたまにしか掃除はしませんが、モールのようなもので穴にこびりついたタールを落とします。
パイプのホール(穴)のこげを削るのに、タンパーについている道具を使います。

フィルター

パイプによっては、フィルターが入るものがあります。
私のパイプは、フィルターは使いません。
サイズが何種類かあるので、パイプを買う時に、聞いてみるとよいと思います。
フィルターはこんなものです。

その他

ほかには、パイプスタンドや灰皿なんかもあったらいいと思いますが、わたしは使っていません。

自作パイプのいろいろ

自分で木を削って、穴をあけ、パイプをいくつか作ってみました。
なかなか味のあるものもあります。
口にくわえたときに違和感のあるものは、あまり使わなくなりますね。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

新兵器導入セリ

次の記事

焚き火用新兵器導入