ものづくり③【手作りのおもちゃはいいですね・・・そり】

去年は雪の中、枯れた倒木を切って、運びました。

倒木は、長さ150cmくらいでしたが、太いので、雪遊び用の子どものそりを2つ縦につなげてのせました。
でも、途中で止まったり、横に倒れてしまったりする始末で、大汗かいて運びました。

そんなことがないように、今年は頑丈なそりを作って役立てようと思います。
運よく、農家さんから舟をいただきましたので、これを活用します。

しっかりとした丈夫そうな舟です。
でも長年のホコリが積もっています。
このまま朽ちさせてしまうのは惜しい。
そこで、雪の中で活躍してもらう「そり」に改造します。

古いスキー板を取り付けます。
舟の腹が雪につかないように足の部分を底上げして、スキーを取り付けましょう。

設計図はこちら

必要なものは、ペンキ、刷毛、古いスキー板、ロープ、ねじ。
力がかかるところなので、ボルトとナットで取り付けることも検討中です。

金具も必要になるかもしれません。
できるだけ今ある材料や道具を使いたいと思っています。

そりの製作に挑戦

まずは、壊れたところを修繕します。
底板がはがれてしまっていました。
くぎよりも簡単な、造作ねじでとりあえず補修。

①舟を掃除します

①埃をきれいに取り除き、やわらかめのワイヤーブラシで表面を削りました。
②そのあとは、ワトコオイルで劣化防止・水はじき効果を狙います。
ペンキも考えましたが、家にストックがあまりなかったのでやめました。

だいぶきれいになりました。

②下駄の部分をつくります

スノーモービルのようにしたかったのですがコストの面で断念しました。
何よりも大切なのは、頑丈さです。
横に下駄を履かせたくなかったのですが、仕方なく、、、。

③スキー板などを取り付けます

スキー板は2枚取り付けますが、真ん中にスノボの板も付けられるかなと思いました。
そうすればより滑りが良くなり、沈まないのではないか、、、。

④試運転(雪が降ったら)

もうすぐ完成ですが、ある程度雪が積もらないと、試乗できません。
引っ張るためのロープも付ける必要がありますね。

置き場所も考えないといけません。

追加:子ども用のひとり乗りそり

果物を収穫するときのかごは、とても丈夫です。
これに短いスキーを取り付けたら、いいんじゃないかと思いました。
ちょうど、60cmくらいのスキーがあります。
どうやってつけようかな、、、。
ほかにも作りました。
ものづくり⑧【子ども用の乗り物】

ものづくり③【手作りのおもちゃはいいですね・・・そり】” に対して3件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    …この感覚…懐かしく有り、新しきでも有り。

    全ては与えられたモノですね〜

    何が出来るのか…それは、やってみないとわからない(笑)

    わくわくですね!

    1. match より:

      早く雪が降らないかなと思っています。
      自分の考えた方法で、果たして進むのか、心配はありますが、試してみたいです。
      坂道を重いそりを引くのは嫌ですけどね。

      1. BLACK EYE より:

        …ソリとは違いますが、海外(日本でも行われつつ有るみたいですね)ではモータースポーツの祭典のひとつでも有るソープボックスレース…

        大の大人が子供の様に楽しんでいて大変に微笑ましいです。…なんだか平和的です。

        速さを競うだけでなく、どれだけ楽しめたかで採点されるレースってホントにグッドです!

        手作り最高ですね。https://youtu.be/MiKeF1YUKz4

コメントを残す