ものづくり【無骨テーブル・キャスター付き】毎日使うものだから頑丈なものを!

木の丸太をきれいに削って磨いて、コーヒーテーブルにしています。

しかし、重すぎて動きません。
ちょっとぶつかっただけではびくともしません。
それはとてもいいことですが邪魔で動かしたい時には、片手でサッとというわけにはいきません。

そこで、キャスターを装着するプランを考えました。
これなら、ストッパーもついているので、簡単便利になります。

 キャスターの装着

キャスターはたくさん持っています。
クルマをガレージの中で押して動かすために、ボルトで材木に止めて使っていたからです。

これがテーブルに使えるようになるとは驚きです。
クルマの重さにも耐えられるようなごついキャスターですから、普通のテーブルには使えません。

でも、無骨な丸太テーブルなら、ぴったりです。

まずは穴あけ

キャスターをいくつ付けるかも悩みどころ。
四隅に取り付けるのが一般的でしょうが、3つではどうでしょう。
傾くことが懸念されますが、、、。

ボルトとナットではなく、太めのネジで止めることにしました。

ごついネジで止めます

我が家にあるごついネジで止めようと思ったら大きすぎました。
かといって造作ねじでは頼りないので、どうしようか思案中。
もう少し細めのネジで止めました。

試しに使ってみます

うん!
いい感じじゃないでしょうか。
簡単には動きませんが、動かしたい時に自由にできるのがいいですね。
おまけに、テーブルの底の部分が乾くので、カビを防ぎます。

この調子で、もうひとつ作ってしまいましょう。
ちょっとゴロゴロと動く音がしますが、無骨サイドテーブル最高です。

おまけ【武骨灰皿製作を計画中】

ジムニーはオイル漏れなどの故障が判明しました。
車検を継続するのに少なくとも30万円はかかると、知り合いのメカニックの人に言われて大ショック。

太いタイヤを履かせて、違法のフェンダーでブイブイ言わせていたのに、、、。
ショックも4本新しいのに変えたばかりなのに、、、。
ターボのタービンも新調したのに、、、。
いろいろかまってあげたのに、2年で乗れなくなってしまいました。
絶対直してまた乗ってやるからな、、、。
でも、
ジムニーの後部座席に、カッコイイ灰皿がありました。
昔のミニにも同じようなのが付いていたような、、、。
それがこちら

これを何とか再利用して、無骨な灰皿を作るぞー。
台座はただの丸太がいいな。
その上の部分を掘って灰皿がはまるようにすれば完成。
まわりを削って、ニスで仕上げようかな。
それとも、木の皮を残すか、、、。
いや、経年変化で木の皮はだんだんにはがれて割れてくるから、削りましょう。

ノミの跡を残すような削り方に決定!

いい丸太が見つかりました。
候補は栗の木とイチョウの木
どっちにしようか迷う所です。

掘る道具は、以前知り合いの大工さんからいただきました。
角ノミです。
でも長いこと使ったことがないからちょっと不安。

うまく掘れたら、灰皿を装着します。

この灰皿の弱点はたばこ5本が限度。
中が狭いの!

ジムニーのステアリングもMOMOのものが付いていました。
そりに付けたら気分が出るんじゃないでしょうか、、、。
ワクワクします!

ジムニーの灰皿はこうなりました。
古いものに魂を吹き込む【汚れていたものが光り輝くとき】

ものづくり【無骨テーブル・キャスター付き】毎日使うものだから頑丈なものを!” に対して3件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    某宿泊店で働いてた頃思い出すww

    何にでもキャスター付けたくてしょうがなかったっす。

    と、言うのは、その他の従業員が高齢者や女性が多くてテーブルや何やらを動かすに大変だったからです。

    …人に優しい現場を作れなくて後悔はしてます。

    みんな、ごめん。

    1. match より:

      キャスターは本当に便利ですね。
      テーブルは簡単に動かせるようになったので、掃除もしやすくレイアウトも変えやすいので、重宝しています。

コメントを残す