自分専用のサウナが欲しい【サウナをつくろう】

我が家は風呂がありません。
それは水がないから。
水道を引くまでは我慢です。

そこで、真冬も楽しめるサウナ小屋をつくろうと思います。

【完全保存版】サウナ小屋の作り方 | 株式会社LIG (liginc.co.jp)

薪ストーブを自作してみた〜手作りサウナ小屋のDIY解説・第二話〜 | 株式会社LIG (liginc.co.jp)

サウナ小屋計画

実際に小屋をつくる敷地はあります。
場所は、家の前の焚き火をしたところ。
石はたくさんありますので、土台になりそうです。

ここに小屋を建て、薪ストーブを入れて石を加熱し、水をかけてサウナにしようと思います。
薪ストーブはもったいないので時計ストーブで。
煙突をもう少し延長してやります。

まずは小屋の大きさ
3畳~4畳でどうでしょうか。
ストーブの周りに金属の網を張ります。
これはコンクリートの補強に使うもので作ります。
下にはレンガで補強、底上げをします。

窓も一つ欲しいですね。
サウナを楽しみながら、雪景色を見ます。

大切なのは温度計。
湿度もはかれるものが必要です。
そしてお決まりの砂時計。

木製シートの上にはラグが必要です。
むき出しの木ではやけどします。

小屋の天井もきれいに平らになるようにします。
これで完成。

小屋は杉のログで仕上げたいと思います。
中には、木製の座る場所を設置します。
定員は4人。
服を着て入ってもよいし、脱いで入ってもOK。
雪のシーズンならそのまま雪の中にダイブ。

雪が解けたら建築を始めて、雪が降る前に完成させます。
その期間はわずか6か月。
なかなかの作業です。
基礎は固定せずに、柱を埋める方法を採用します。
これで寒い冬も温かいサウナで心も体もポカポカになりますね。

問題は材料です。
無料でもらえるログがあればいいのですが雪のシーズンは配布していません。
雪が解ける4月以降に貰いに行けばいいですね。
3mくらいのログが30本あればできそうです。
屋根が難しそうですが、、、。

これから設計図を作ります。
補強のための頬杖も必須です。
屋根はガルバリウムで。
なるべく廃材などを使って安上がりにします。

できたら皆さんを招待しますからね。

自分専用のサウナが欲しい【サウナをつくろう】” に対して1件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    雪景色の中のサウナ…北欧のような雰囲気を楽しめたらいいですね!

    健康にも良さそうです。

コメントを残す