毎日がキャンプ?【普通ではない我が家の暮らし】

我が家の普通じゃない度

普通じゃないといっても、日本語で会話するし、土を食べたりしていないから、だいたいの所は普通の暮らしであると言えます。

でも、衣食住の中で都会に住んでいたころでは考えられない暮らしをしていることは事実。
慣れてしまえば何のことはないが、はじめは苦しい時もあった。

そんなわけで我が家の普通ではない暮らしを紹介。
毎日がキャンプみたいな暮らし。

ENVIRONMENT【自然環境】

我が家は山の中にある。
高度は1340m
夏は都会よりも7~8℃涼しい。
体感ではもう少し涼しく感じる。

愛車ジムニー
ジムニー JA11 

冬はマイナス10℃くらい。
雪は今のところ少なめで、積もっても50cmほど。

暖房をしないと部屋の中が0℃ということもある。

もちろん冷房は不要。
扇風機もない。

まわりは木々なので、虫が多い。
残念ながら、網戸はない。隙間がたくさんあるので、変な虫がそこいらを徘徊している。
見たこともないような虫も多い。

ゴキブリは見かけない分、尻上げ虫がたくさんいる。
山の掃除屋の役目なのであろう、死肉を食らう虫。

たいていの昆虫は好きだが、この尻上げ虫は大嫌い。
軽く踏んだくらいでは死なないタフなやつではあるが、、、。

FAMILY【家族】

我が家は夫婦と子ども一人。
息子は1歳半。

奥さんは37歳。
私は62歳。
娘と大して変わらない年頃の奥さんです。

以前は、一緒に買い物に行くとよく店員に、
「娘さんにお似合いですよ。」
なんて言われたものです。
「妻です。」
とは言わなかったけど、心の中で、ニヤニヤしてました。

私が幼稚で、妻がしっかり者だからいいんでしょう。

LIVE【住居】

住まいは中古のログハウス。
ログハウスというと聞こえはいいが、ボロである。

あまりに汚かったので、土足で入ることにしている。
だから息子は、人の家に入る時に靴を脱がない。
脱ぐ習慣がないから。

靴を脱ぐのは最近畳を敷いたところと、テントの中。

なんでテントが出てくるの?
と疑問の方も多いと思う。

我が家では、2階にテントを張って寝ているのである。

スノーピークのアメニティードームM
これが、主寝室。

その他にコールマンのツーリングドームを一張り。
これは来客用。

予備として、ジャックウルフスキンの年代物のテントを用意している。
個人的にはこのテントが一番好きだが、家族では狭い。

厳寒の1月から3月は、ホットカーペットや電気毛布を利用する。
寝袋で寝ることもある。
あったかいからね。

WATER【水の問題】

我が家には水道は来ていない。
引くのにやたらとお金がかかるから。
それに、そのあとも上下水道代としてたくさんの費用が掛かってくる。

だから何日かに一度水を汲んでくる。
山の湧き水。

この水で炊飯すると飯がうまい。
珈琲もなんだかおいしくなるような気がするから不思議。

一日に使う水の量はだいたい平均して10リットルくらい。
最も大変なのは「食器洗い」
特に冬場は「湯」はないと手が凍るから。
食器洗いの日は水がポリタンク一杯【約20リットル】必要になる。

赤ちゃんの入浴にも相当な量の水が必要だった。
地面から住居部分までに、階段が20段以上あるので持ち上げるのが一苦労。

水がないから風呂もない。
もっぱら近くの温泉で足を伸ばして入浴です。
結構な贅沢かも。
温泉までは徒歩で10分。
クルマで4分くらい。

GAS【ガスの問題】

水に続いて、我が家には【ガス】もない。
契約していないだけだけど。

煮炊きは、カセットコンロ。
コールマンのガソリンツーバーナーを使うこともある。
それと薪ストーブ。

カセットコンロは空き缶がたくさん出るので、そろそろかえ時かと思っている。
もちろん、炭で調理するのが一番だけど、時間がかかりすぎるんじゃ。

気に入ったガス台も購入してある。
しかし、それを置く台を自作しないとどうにもならないので、足踏み状態。

昭和のレトロなガス台。
まだまだ現役。

灯油のレンジを考えていたが、キャンプが流行してきたので、いつの間にか値段がどんどん上がって、今はもう手が届かない存在になってしまった。

ボロでもいいからどこかにないかなと今も探しているところ。
3台あれば、煮炊きは完璧。

ガスを契約しなくて済むし、、、。

EAT【食事】

食事は普通です。
ただ、山菜をよく食べるようになったかな。
それから、BBQも頻繁にやります。

今週は3日間連続でした。
ただ焼くだけで何でも美味しくなるからイイ。

これからの季節は大好物のトウモロコシ。
皮ごと焼いて、バターと醤油で言うことなし!

魚はあまり食べなくなった気がする。
食べたい時には、丸ごと買って自分たちでおろして食べる。
ワラサとか、小さい鯛なんかは500円くらいで手に入ることがあるのでねらい目。

刺身にしたり、焼いたり、煮たりして堪能します。
我が家にしては贅沢すぎる食事です。

我が家に必要なものの中で優先順位が高いのは、コーヒーと紅茶、それに食パン
朝起きて、コーヒーで目を覚まし、ミルクティーでくつろぐ。
夜も寝る前にコーヒー。

本当は生豆から自分で焙煎して粉にしたい。
そう思っていればきっとかなうけど今は夢です。
お金があればできるけどね。

WEAR【衣服】

着るものは、長く着られるものを選ぶ。
流行りのないもの、着やすいもの。
そんなわけで、自分はパーカーとかフリースとかセーターがたくさんある。

防寒はダウンジャケット。
雨の日はレインコートが一枚あればいい。
バイクようなので、結構耐水性が高い。
その分蒸れる感じがするけど。

靴は長靴でいい。
でもいいのがなかなか見つからなくて、ほとんどは登山靴。
作業の時には、KEENのJASPERを愛用している。
雪の日には、ソレルで寒さしらず。

ローファーやブーツも持っているけど、カビが生え始めている。
山の中で、ローファーはないよね。

W.C【トイレ事情】

我が家のトイレは臭い。
コンポストトイレというトイレで、土にかえるエコなトイレ。
おがくずを定期的に入れてやるのが条件で、臭いのはそれが足りないのかも。

一度壊れたけど自分で直して今は普通に動いている。
もう20年以上経っているのでいつ壊れてダメになるかはわからない代物。
もちろんそのトイレは外にあるから、一度玄関を出ないと用を足せないというわけ。
寒い冬は、きつい。
トイレに電気ストーブが欲しいと思ったね。

ログ小屋を近くにつくっている最中だけど、そのそばに、レンタルのトイレでも置こうかなと思っている。
小屋の中にトイレは置きたくないもんね。
匂いが充満しそう。

ECONOMY【経済・収支】

うちの家計は、毎月火の車。
自転車操業もいい所。
なんせ、夫婦で無職だから。
年金と革職人のアルバイトで食っているのだから厳しいね。

毎月あと5万円あったらいいね。
とか、宝くじ当たらないかな?
とか、考えている。

近くの工場かなんかに働きに行けば即解決だけど。
今は子どもの近くにずっといることに決めたから、子どもが学校に通う頃までは頑張る。

HOBBY【趣味・道楽】

今までいろいろなことをしてきたけど、新しいことに挑戦するのは楽しい。
それが趣味でもあるんじゃないかな。
どれも収入に結び付けばいいけど、そうはならないでしょう。

結局「遊び」なんですから。
こんな風に口外してしまうのは、自分に課しているという所もあるね。
言ってしまえばやらなくてはいけなくなる。
そうでもしないとやり始めないから、、、。

①鍛冶屋になる

いま興味があって実行に移したいのは、鍛冶屋になること。
刀を作るのではなくて日用品を鉄で作る。
もちろん黒さび加工します。

②サイドカーに乗る

サイドカーも体が動くうちに操れるようにしたい。
もちろんオフのバイクも興味があるし、昔のバイクをレストアするなんていうのも面白そう。
でかい単車もいいね。

③陶芸家になる

自分で使うものを作りたい。
はじめは素焼きの小さな植木鉢とかから。
慣れてきたら、本焼きができるといい。

茶碗を作ります。

④版画家になる

これも売るためにつくるんじゃなくて、自分がいいなと思うものをつくる。
結局商売にはならないけど、道楽ならこんなものでしょう。

⑤木工職人になる

木で何かを作るのも興味があって、試行錯誤している。
子どものおもちゃなんていいかもね。
作っていて楽しそう。


Follow me!

毎日がキャンプ?【普通ではない我が家の暮らし】” に対して1件のコメントがあります。

  1. BLACK・EYE より:

    これから…未来は…お子さんが成人する頃には…また、ガラッと身の回りの事が変わっている事でしょう

    利益、利潤、お金の…モノの価値観が変わり、果てしない創造物の賜物に悩む事も有る事でしょう

    AIが発達してサポートするどころか指図する事に成るでしょう

    道具がヒトの代わりに…進化の途中だから色々有るとは思います…が、

    ヒトもモノも繋がりを持って創造出来るフューチャーを望みたいですね…古い、新しい…じゃ、無いですね

    皆が生きる「チカラ」は不変ですね

    昔から有る道具に、も、「チカラ」が宿っていると思います✨

    全ては「生きる」・「力(チカラ)」とは思います

    そして超越したモノが「愛」の片鱗に成れるとは思います

    まだまだ、人類にはユートピアへの道のりは険しい…だが、いつか乗り越える事でしょう✨

    …とかなんとか笑

    https://youtu.be/f28g4pfTTp0

コメントを残す