小屋ができる前に考える【中に何を置くか・何をするか】

小屋ができたら何をどうレイアウトするかを考えています。

気が早すぎますか?

室内の広さは約5平米。
北東の隅に時計ストーブを置きます。
畳半分くらいのスペースを取られます。
これだけで、もう5分の1

 小屋のこだわり

こうしたいと思ったことを書き留めておきます。
忘れてしまわないように。

①湯が必要

すぐに温かいものが飲めるように、湯が欲しい。
電気ポットでも、電気コンロでも、ガスバーナーでもいい。
常設で。
水はペットボトルで用意です。
今は、2ℓの水6本で500円もしないので、備蓄してもいいですね。

やはり朝のコーヒー
これで目が覚めます。

②トイレは不要

室内にトイレがあったら用を足しやすい。
けれども、臭いやスペースの問題であきらめましょう。

③調理ができるように

調理は時計ストーブでも可能。
でも、常に薪を入れておくわけにもいかない。
何かほかに火が欲しい。
長火鉢もいい。
灯油コンロもいいね。
どちらもあれば、急ぐ時には灯油コンロ、じっくり時間をかけて楽しむ時には火鉢がいい。

④外の景色を楽しみたい

季節の良いときならいいけれども
真冬に外に出るのはちょっと、、、。
だから室内から景色を見て楽しみたい。
そのためにも大きな窓が欲しい。

AI LeinoによるPixabayからの画像

⑤ロフトでは寝袋で

ロフトは一人くらいなら寝られるようにします。

本当は寝ながら星が見られたらいいけど、、、。
作りが複雑になります。
それに雨漏りの原因にも、、、。

⑦内装の色について

室内は木の色だけでもいいですが色を一色入れてみたい。
まだ未定ですが、明るい色だったら水色または黄色。
暗めの色だったら、濃いグリーン。

⑧照明をどうするか

絶対にオフグリッドにしなくてはいけない。
そう考えると世の中が苦しくなってきます。
自分で自分の首を絞めることにもなりかねない。
そんなのはCOOLではないです。

照明も、電気を使ってもいいし、気分によってランタンでもいい。
もちろんロウソクでもOK!
幸い、越してくる前に集めていたランプがいくつかあります。
灯油を入れると臭いので、オイルを入れて灯しましょう。
パラフィンオイルは結構いいですよ。

電気は母屋から引きます。
電気工事はせず、コンセントから延長コードで引き込み。
ですから使えるところは限られますね。

入り口のドアの上に丸い街灯を付けたいです。

klimkinによるPixabayからの画像

⑨ガラスかアクリル板か

ガラスとアクリル板でも迷います。
ガラスの方が自分としては好き。
2重ガラスでなくても十分です。
窓枠も自作しますから、手に入るガラスの大きさによって窓の大きさが決まってくる。
適当ですね。

今考えている窓はたったの2ヵ所。
でも、もう少し明るい方がいいですよね。
北側は、雪が落ちてくるから付けないとしても、、、。
東側にひとつ、西側にも一つ追加しようかな。
ロフトにも一つ小さい窓を付けたい。

⑩安全対策など

安全対策について考えます。
考えられるのは火災・一酸化炭素中毒・雪崩・小屋の倒壊など

①火災
火災対策は消火器と耐火ボードで大丈夫だと思います。
ストーブや火を使う場所の周りを耐火ボードで囲みます。

②中毒
火鉢や灯油コンロを使った時に怖いのは中毒。
いつの間にか気持ちよくなって寝てしまうらしい。
警報機と換気扇で対応します。
小屋の一部には、空気を取り入れる設備を付ければいいですね。

③雪崩・倒壊
これについてはもう運を天に任せるしかありません。
対策なしです。

⑪テーブルとイス

ガラス窓を向いて座ります。
2mの奥行なので大きいテーブルは無理。
30~40cmほどの台で十分ですね。
でも幅は180cm位欲しいな。
高さは窓に合わせます。
そうなると椅子も窓の高さに合わせるということ?

大きい椅子は置けません。
アウトドアチェアーならコンパクトで座り心地もいいかな?
ベンチもいいですが、長い時間座っていられるかどうか。

今あるロッキングチェアーもストーブの前に置いたら最高ですが、狭いからなあ。

⑫装飾など

花瓶を置きたいです。
中には、野生の草花を生けます。

鹿の角を飾りたい。
そこに必要なものをかけておけるから。

本棚も欲しいです。
本当に気に入っている本を近くに置いておく。
クルマの写真集もいいですね。

ストーブの近くには薪と小さな斧
そして、切り株。

気に入っている絵も飾ります。

ランタンはぶら下げておきます。
ランプはテーブルの上。

灰皿と気に入ったマグカップ。
スプーンとフォーク。
そして皿一枚。
コレールの皿で気に入っているのが2枚あったけど、、、。
一枚は落として割ってしまった。

鉄瓶もストーブの上に鎮座します。

入り口のドアの右には、雨具と傘と懐中電灯をぶら下げます。

⑬小屋の色

小屋のドアは、小屋とは違った色にします。

ドアの枠は緑で、ドアを白にするか。
枠をグレーにしてドアをピスタチオグリーンにするか。
BESSの家にCOOLタイプとWARMタイプというログがありますが、そのドアが結構いいんです。

そんな感じのドアにします。
屋根はグリーンまたはワインレッド
この間ホームセンターに行ったら、置いてありました。
オンデュリンという屋根材です。
イージーラインという商品名。
施工が簡単で、趣もある。
多少高価なのが難点。

イージーライン (onduline.com)

一枚の大きさは1m×2mくらいでした、
専用のビスや屋根のトップの部材【棟カバー】もあって至れり尽くせりです。
今計画中の小屋の屋根には6枚~8枚くらい必要かな?
簡単に切ったりできるかどうかはまだわかりません。

⑭防寒対策

小屋には防寒のための部材を使いません。
雨を防ぐシートも使いません。
どれだけ結露するか、、、。
未知です。

暑いのは我慢するとして、寒いのは堪えます。
防寒対策としては、

①薪ストーブをガンガン焚く
②厚着をする
③あたたかいものを食べる

このくらいです。
起きている時にはこれでいいのですが、寝た時が肝心です。
電気をうまく使って、電気毛布を活躍させれば無敵でしょう。

⑮間取り

間取りといっても2畳半の広さですから、簡単です。

外のドアの上に街灯。
室内にも、同じ明かりをつけて統一感を出します。

室内奥に畳を2枚配置して、靴を脱げるようにして、、、。
畳の上にはふかふかのラグがあったらいいな。

中は暗めですが、暗い光で過ごします。
本を読みたい時には、明るい昼間に。
ロフトには換気口が必要になるかもしれません。
狭いうえに薪ストーブは結構暖かいから。

階段付近には手すりを付けて落下防止に。
ロフトに上がる梯子は入り口は行ってすぐ左に。
換気扇は奥の右に付けましょう。

なかなかいい雰囲気でしょ?
イメージカラーは、水色かな?
ところどころに配置します。

 小屋の名前

小屋に名前を付けなくてはいけません。
看板も作ろう!

キーワードは、「COZY」
くつろげる場所と言う感じ。

・LOG HUT COZY?
=くつろげるログ小屋

・COZY CAVE?
=くつろぎの洞穴

・COZY CAFE?
=くつろげるカフェ

・MATCH CAFE?
=マッチのコーヒー屋さん

3畳庵っていうのも誰かのパクリでいいですね。

Follow me!

コメントを残す