LPレコード再び

今や音楽はケータイで自由に聞くことができる時代。
CDを買って聴くなんて、もはや時代遅れでしょう。
でも、昔のものには、味があるんです。
CDには、入っていない音がいいんです。
それが、レコード。

レコードが好きで、それしか聴かないマニアもいるようですが、電化時代のランプのようなものでしょうか。
懐古趣味ですね。

最近本棚をかたしていたら、LPレコードが出てきました。
ほとんどは、クラシックのLPです。
30年以上前の物です。
そんなレコードを、もう一度聴いてみたいと思うようになりました。
でも、肝心のプレイヤーは、もう廃棄して、、、。

仕方がないから、また買うとしますか。
針もいいのを買ったらいい音で聴けそうです。
アンプは昔のサンスイのを使います

フランス・ブリュッヘン

フランス・ブリュッヘンは、オランダのリコーダー奏者、指揮者です。
1934~2014(享年79)
グスタフ・レオンハルト(オルガン)やアンナ・ビルスマ(チェロ)、クイケン3兄弟とともに活躍しました。
古楽器の収集家、研究者としても有名です。

「昔の音楽は、当時の楽器によって演奏されるべき」

と考えた彼は、古楽器で編成された「18世紀オーケストラ」を主宰します。

全音から、ブリュッヘン所蔵の楽器の図録が出ていました。
「フランスブリュッヘン収蔵リコーダー図録」
写真と来歴、計測値が記録されたものです。
これを真似れば、すごい楽器がつくれそう。

我が家にあった、40年くらい前のLPです。

デビッド・マンロウ

デビッド・マンロウはイギリスの古楽研究者・リコーダー奏者です。
1942~1976(享年33)
ケンブリッジ大学で鍵盤楽器奏者のサーストン・ダートに師事。
リコーダーやクルムホルンを独学で習得します。
1967年、クリストファー・ホグウッドらとともに「ロンドン古楽コンソート」を設立します。
有名なメンバーにはサイモン・スタンテイジ(バイオリン)がいます。
彼は、トレバーピノックの「イングリッシュコンサート」でコンサートマスターをつとめる程の人です。

マンロウは、古楽だけでなくラジオのパーソナリティーや著作も広く手掛けました。
「中世・ルネサンスの楽器」
という本も上梓しています。

バッハ・ヘンデル・ビバルディ―

写真を見て、気づく人もいると思いますが、同じ曲のレコードがあります。
これは間違って買ったのではなく、聴き比べるためのもの。
ヘンデルの「水上の音楽」
ビバルディ―の「四季」など、、、。

特に気に入っているのは、ニコラウス・アーノンクールの指揮による演奏です。
聴けば、すごさが分かります。
当時、聴いた音楽はこんな感じだろうと思えます。
イージーリスニング的ではない、独特のリズム感が素敵です。
「ふてん」の演奏が鋭いのです。

アーノンクールは1929年生まれ。
2016年に86歳で亡くなります。
オーストリアの貴族の家柄で伯爵であります。
指揮者であり、チェロやビオラ・ダ・ガンバの奏者でもありました。
ウイーンに古楽器オーケストラ「ウイーン・コンツェントゥス・ムジクス」を設立します。
メンバーには、オルガン・チェンバロ奏者のグスタフ・レオンハルトがいます。

その他

クラシックにまぎれて、ビートルズとサイモン&ガーファンクルのLPがありました。
よく聴いたなあ。
すぐに盤面にホコリがたまっていくから、嫌な音がしたものです。
クリーナーで綺麗にするのも、結構好きでしたね。

邦楽

大瀧詠一も亡くなってしまいましたね。
最近、BEACH BOYSのCDを聴いていたら、大瀧詠一サウンドに似ていると感じました。
インスパイアされたんでしょうね。

調べたら、大瀧詠一も山下達郎も桑田佳祐も、熱烈なビーチボーイズファンだということでした。

コメントを残す

前の記事

夢中で読んだ九冊の本

次の記事

古いもの集合!!