陶芸にはまりそう

若いころから陶芸に興味はありました。
焼き物を何度か経験したことはあります。

その時に作ったのが、茶碗(茶道で使うもの)と湯飲みと灰皿です。
その作品は、どこにあるのかわかりません。

成形と釉薬はやりましたが。焼くのは業者任せでした
この灰皿が奇天烈な形をしていて、業者の人に「面白い」と言われましたね。

これから本格的に陶芸をやってみようかなと思います。
以前住んでいた近くのお寿司屋さんが趣味人で、陶芸を趣味にしていました。

他にもハーレーで夫婦でツーリングに行くなど、なかなかの良い趣味の方です。
その方に作品を見せてもらった後に、手回しのろくろをいただきました。

まだ使ってはいませんが、手回しというのがとてもいですね。
粘土は、200㎏ほどありますから、後はこねて、練って、成形するだけです。
作りたいものは、茶碗。

千利休が使っていたような武骨でかつ、美しい形の茶碗を作りたいと思っています。
それから普段自分が使う器。
色を統一して、武骨で繊細な作品を作ります。

以前、粘土で遊んでいて、できたのがこの写真です。
なかなかいいと思います。自画自賛ですが。

葉巻用の灰皿ですがまだ素焼きと釉薬をかけて焼く本焼きができていません。

焼き物の雑誌はかなり読んでいますが、早く窯を持って、本格的に焼き物をしたいです。

Follow me!

コメントを残す

次の記事

部落問題について思う