インターネットはすごい

インターネットはスゴイ。
そう思いました。
百科事典のようにあらゆることが瞬時に手に取れる。
画像も出てくる。

間違った情報もあるのかもしれません。
でも、とにかく、うろ覚えのことをサッと確認できる。
そんなところがとても役に立つし気に入っているところです。

うろ覚えなことを確認できる

わたしは大学に入るまでに2年も余計に使ったのです。
つまり2浪したということ。
まあ、学力のない人が集まった学校だったから仕方がありません。

浪人した分、知識をたくさん得ることができました。
図書館でも、受験に関係のない画集や手芸の本、篆刻や隷書・篆書などについてもたくさん本を読んで気分転換をしました。
最近では「ハイガタ」に興味を持ちました。
茶道です。灰に模様をつけるらしいです。
枯山水の地面にに模様をつけるみたいに。

ネットでは、その道の専門家や好事家が持てる知識をフルに紹介してくれるので、つい長い時間見続けてしまいます。
今日は、電気関係のスペシャリストがYouTubeで、非接触の充電器を分解して、その仕組みを解説したり電磁誘導の実験をしてくれたりしたのを1時間以上見ました。
そのあとは、エアストリームをアメリカから輸入して、自分で修理、改造する人の動画も楽しみました。

ほんとにネットはすごいです。
世の中にはすごい人たちがたくさんいるということも、ひしひしと感じるようになりました。

小さい白いにわとり

昔の小学校1年生の国語の教科書に「小さい白いにわとり」という話が載っていました。
以前同年代の同僚と、丁度その話が出て、最後の所で、意見が分かれました。
その話の最後は、どうなったかという所です。

結局は自分の思い違いでした。
ネットで調べて簡単に分かったので、ほんとに即解決。
ちょっと紹介しましょう・

「小さい白いにわとり」

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
「この むぎ、だれが まきますか。」
ぶたは「いやだ。」といいました。
ねこも「いやだ。」といいました。
いぬも「いやだ。」といいました。
小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを まきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
「この むぎ、だれが かりますか。」
ぶたは「いやだ。」といいました。
ねこも「いやだ。」といいました。
いぬも「いやだ。」といいました。
小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを かりました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
「だれが こなに ひきますか。」
ぶたは「いやだ。」といいました。
ねこも「いやだ。」といいました。
いぬも「いやだ。」といいました。
小さい 白い にわとりは、ひとりで こなにひきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
「だれが、パンを やきますか。」
ぶたは「いやだ。」といいました。
ねこも「いやだ。」といいました。
いぬも「いやだ。」といいました。
小さい 白い にわとりは、ひとりで パンを やきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
「このぱん、だれが たべますか。」
ぶたは「たべる。」と いいました。
ねこも「たべる。」と いいました。
いぬも「たべる。」といいました。


話はここで終わっています。
自分が勘違いしておぼえていたのは、このニワトリがひとりでパンをたべた。ということでした。

授業中にきっと発表したんでしょう。
その時の意見が頭の中にあって、そういう続きだと思ってしまったらしいです。
今でも覚えていますが、自分は、豚や猫や犬に憤慨していたのです。
なにも手伝わないくせに、、、。
子どもながらに怒りを覚えていたのだと思います。

蛍の発光の仕組み

蛍の尻が光るのは、ルシフェリンという物質が酵素ルシフェラーゼとATPによってどうのこうの、、、。
というのは受験の時に勉強しました。
受験勉強はただの暗記なので、面白さは感じませんが、最近見たサイトでは、発行の仕組みが細かく解説されてとてもためになりました。

ほかにも発光する生物、例えばキノコとか深海生物とか、いっぱいいて、似たような組成の物質で発光しているとか。
もっと頭脳の優れている人たちは、こういうことまで学んで受験に臨むのかな。

ブログを書いていても、とつぜん「トロンボキナーゼ」なんて言う言葉が頭に浮かんだり、「ABOLISH」なんていう単語が思い出されたりしますが、ネットなら即座に解決します。

ちなみに、「トロンボキナーゼ」
血液凝固に関する酵素でした。
プロトロンビンがトロンビンに変わるのを助ける役目。
また、血液凝固にはCaイオンが必要だったっけ?
すぐ忘れてしまいますね。

子子子子子子 

受験勉強で、古典も頑張りました。
中でも平安時代~鎌倉時代位の読み物が好きでした。

「土佐日記」や「枕草子」「栄華物語」「大鏡」なんて受験そっちのけで読みました。
もちろん現代語訳で。

「源氏物語」は、どうも好きになれませんでしたが、そのうちに読むことになると思っています。
はじめの「桐壺」の所はなかなか面白いんですけどね。

昔の学者で「小野篁(おののたかむら)」という人は、令義解をつくってひとだったかな?
有名な歌に「わたのはら八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人のつり舟」
があります。

相当優秀な人で、参議までのぼりつめました。
遣唐使の副使に任命されましたが、船が沈没するのが嫌で断ったので島流しになったとか。

あまりに優秀だったため、落書きの犯人と疑われました。
その落書きが「無悪善」
悪のないのはよいことですが、小野篁は
悪(さが)無くて善からん
と読みました。
そのころの天皇は嵯峨天皇。
つまり嵯峨天皇がいなければいいのに
みたいなことを落書きから解読してしまったので、落書きは小野篁がやっとことと思われて疑われてしまったのです。
それほど優秀だったということです。

でも、自分ではない事を証明して見せる。
自分は何でも読めてしまうんですと天皇に奏上しました。
そこで、天皇が出したクイズが、「子子子子子子 子子子子子子」をなんて読むかというものでした。
篁は、即座に答えて、天皇は納得したといいます。
その答えは
「ねこのここねこ ししのここじし」でした。

「子」という漢字は、「こ」「し」「ね」「じ」の読み方があるので、そのように読めるクイズでした。
考えたのは嵯峨天皇と伝えられています。
宇治拾遺物語の「小野篁広才の事」に出ています。

ちゃんと勉強しないで、雑学みたいなことばかり楽しんでるから2浪もするんですね。
でも今はインターネットで即確認!
便利な世の中になりましたねえ。

おならをする【英語】

同じように英語の勉強中も、参考書の隅に書いてある英語の雑学に夢中になりました。
英語で「おならをする」はなんていうの?
というコラムでした。

その当時おぼえたのが、
「BREAK  WIND」でしたね。
風を破る・・・実にぴったりの言い方。
でも、今調べると一般的な言い方は、
「FART」
丁寧な表現では、
「PASS GAS」

「BREAK WIND」
は、ちょっとジョークを交えた表現らしいです。しかも丁寧な表現。

もっと一般的なジョークを伴った表現は、
「CUT THE CHEESE」

Who cut the cheese?
誰かおならした?

なかなか味のあるスラングですね。
確かにチーズを切ったら臭いもんね。

ほかにも「FLATULATE]
という単語があります。
日本語でいうと「放屁」のような感じです。
会話の中ではなかなか使わないような表現でしょう。

ちなみに「うんち」は「POO」とか「POOP」
医療用語では「STOOL」とか「FECES」と言います。
日本語では「排便」

ほかにも「BM」というのがあります。
BOWEL MOVEMENTのことです。
BOWELは「腸、はらわた」のこと。
大人の表現だそうです。

NUMBER2という言い方もあります。

おわりに

知らなかったことをしったり、うろ覚えだったことを修正したりすることは、とてもいいことだと感じます。
学生の頃と違って、年をとると、がんばって勉強する事はなくなるけど、新しい知識を得ることはとても楽しく意義のあることと思います。

少しずつ、楽しみながら、知識を増やしていこう。

【追記】

このところ、YOU TUBE にはまっています。
おおすすめの動画をいくつか紹介します。
有名なものばかりまも知れませんが、、、。

ヒロシチャンネル

以前からよく見ていたチャンネルは、
ヒロシチャンネルです。
ひとりキャンプが多いのですが、自分の山を買って、草刈りをし、桜を植えて、コンポストトイレまで作って設置していました。
仲間も、楽しい人ばかりです。
「武骨」を目指しているところが、面白くてたまりません
子どもの頃に戻って遊んでいる男の子たちっていう感じです。

ただキャンプをして、好きなものを食べるのですが、やりたい事をやっている感じが潔くて好感が持てます。

イチケン

電気工学?電子工学?の専門家らしき人が、いろいろな説明をしてくれるチャンネルです。
特に、この分野は全くの門外漢なので、興味が沸いてきました。

初心者が電子部品を使って何かを作る時に必要なものを紹介したり、小さなコンピュータを自作したりするのも、素晴らしかったです。
世の中にはこういう人もいたんだと感心させられました。
「プリウスのコンバータを分解したらすごかった」
という回もありましたが、どこがどうすごいのか聞いていても全く分かりませんでした。
自分も中学生の頃にゲルマニウムラジオを作りましたが、このイチケンさんは、さらにグレードアップしたラジオを製作していました。
とにかくすごい人でした。

チキューギ

これもキャンプに関する動画です。
新しいギアを紹介したり、タープの張り方や紐のむずび方を解説したりします。
夕方になるとビールを飲みますが、早い時間は、コーヒーなのがおもしろいです。
説明も聞きやすく上手なので、キャンプ初心者には、とてもためになると思います。
自分はきちんとしたタープの張り方を見て感心させられました。




インターネットはすごい” に対して6件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    以前居た会社で株のトレーディングもかじっていた先輩も「パソコン(インターネット)はデカイ百科事典だ」って言ってたの思い出しました。…20年近く前かな?

    草薙素子「…ネットは広大だわ」

    …おなら…ふふっ
    「Human gas」じゃないんだ〜(笑)

    …テレビ代わりにYouTubeを自分も観てて、ついつい「あなたのオススメ」を拾い観してたら自分の観たいヤツがワケわからなくなりました。

    よみぃさんやけいちゃんのピアノ演奏系の動画や革命家ヒロさん、とれとれチャンネルさんもたまに観てますね。…武田邦彦さんも。

    沖縄VTuberのういちゃんや絶対回避フラグちゃんとかは可愛くてたまに観ちゃってるなぁ…

    1. match より:

      ピアノの動画はすごいですね。
      自分は、オリラジの中田のチャンネルよく見ます。

      1. BLACK EYE より:

        絶対回避じゃないや全力回避だった。

        バーバパパさんのEDM系アレンジ動画も好きで観てます。少しキモい独自の世界観がいいっす。

        ウ”イ”エ”!
        https://youtu.be/iSsct7423J4

        1. match より:

          EDM系意味が分からんかったです。
          モブ夫とフラグちゃんは面白いですけど。

          1. BLACK EYE より:

            フラグちゃんカワイイ!…だけでなく生活のヒント?を面白くやってますよね。

            バーバパパさんは…初期の頃から「なんじゃこれ?」な動画を上げてましたが、チープで狂喜じみていて「これがこの人のセンスか」と思う様に成りました(笑)

            よく分からない動画に1ヶ月そこらで600万以上の再生回数は…ちょっとすごい。
            コメント欄では「感染」と表現されてますねww

          2. match より:

            「感染」かあ。
            自分もユーチューブデビューしようかな?

コメントを残す

前の記事

キャンプをより楽しく