我が家のお姫・その後【生後45日】元気に育っています

お姫が我が家に誕生して45日
毎日おっぱいをグビグビ飲んで
うんちをたくさんしています。

やたら長い指!

手足の指がやたらと長く
泣き声がすさまじい
身長もかなり大きく感じます。
顔は父親にそっくりです。

この表情は母親似?

お兄ちゃんがかわいがってくれます。
時々、意地悪をしています。
妹がおっぱい飲む時には、抱っこをせがんで泣くことも、、、。

寝ているときは最高にかわいらしい。

ちょっとべそをかく時も可愛くてたまらない。

ちょっと笑顔を見せる時も、最高!

泣いても可愛い。
この表情は完全にお父さん似

お兄ちゃんが強引に押さえつけています。

顔が真剣!!

一日で一番幸せな時

一日で一番幸せな時
それがお姫との入浴。

我が家には風呂はないので、これは妻の実家のお風呂。

山形の妻の実家にて

長野の山よりもずっとあたたかい。
平らな土地だから気持ちがいい。
閉塞感はありません。

息子は農道でストライダーの練習。

自然の中でのびのびとお手伝い。

水遊びをして服はずぶ濡れ。
水遊びといっても、沢の水を引いたどぶの中です。

目の前がひらけているので、気持ちがいいです。

妻の母方の実家にて

遠くに飯豊山が望めます。
絶景です。

ここが、妻のお母さんの実家。
築130年?

近所にはもっとすごい茅葺き屋根の家がありました。
見たら絶対に欲しくなるような家。
でも、今は染色家の方が所有しているようです。
写真を撮らせてもらっておけばよかった。
残念なのは、トイレなんかが現代の暮らしに合わせて作られてしまったっこと。
やっぱり本当に昔の暮らしができるような本物の古い家がいいですね。
きっと戻すのは無理でしょうけど。
ポットン便所の方がよかったのに。

家の隣には、車庫。
車2台駐車可能。
二階には寝られるスペースもあるらしい。

家の前には、池がありました。

隣の家ぎりぎりまでが敷地だとか。

車庫の内側。

今が一番過ごしやすい季節だそうで、緑もきれいで涼しい。
でも冬になると2メートルも雪が積もるらしい。
暮らしていくには大変な土地柄。
近くにスーパーもないし、、、。
でも、長野のログハウスに比べたら、ライフラインは充実しているな。

そのうち住む人がいなくなったら、取り壊すっていう話を聞いたけど、ちょっともったいないなと思う。
私たちが住むことになるのだろうか、、、。

畑もあるし田んぼもある。
水も出るし電気もガスもある。
自給自足するには、便利なところです。
裏の山にツリーハウスなんかも作れるし、、、。


Follow me!

コメントを残す