骨董品に惹かれるのは遺伝か?

私が産まれる四半世紀前に祖父は亡くなっていました。
だからあったことはないのですが、おばさんの話では、祖父は趣味人で書画・骨董にも目利きだったようです。
いろいろな骨董品を集めていて、亡くなった後は奥さん(私のばあちゃん)が、価値がわからないので二束三文で、売ってしまったとききました。
わたしが譲り受けたのは、硯ひとつだけ。

自分は若いころ、一人で骨董品屋に出向いては、いろいろなものを見るのが好きでした。
見るだけでなく、古い物の匂いも自分をワクワクさせるものでした。
今はどこに行っちゃったか、行方知れずですが、老眼鏡を買ったことがありました。
乾電池で動く呼び鈴(ベル)も買って持っています。
これはそのうち、家の入口につけるかもしれません。

今、興味があるものは、抹茶茶碗と煙草盆、そしてキセルです。
先日、南部鉄器の煙草盆を手に入れました。引き出しが付いていて、ライターや、キセルの羅宇の掃除用に、こよりなどを入れておくのに便利です。

300円という値段でとても安かったのですが、ボディーに亀裂がありました。
使う前にしっかり接着したいと思っています。
本当は、江戸時代のものが欲しいのですが、結構高額です。
特に、大名屋敷あったものや旧家の蔵にあったようなものは、アンティークになっていて、普段使いできそうにありません。
自分の望みは、たとえ高価な価値あるものでも、ガンガン使うことです。
使うことで、いい物の本当の価値がわかるし、目が肥えてくると思います。
だから、ちょっと余裕があったら、買います。

抹茶茶碗を買ったら、次は茶筅、そして窯と次々に欲しくなりますね。
和服も必要かな。そして、そのあとは茶室。
祖父もここまでは凝っていなかったようなので、あの世でほほ笑んでいるかもしれません。

きっと世の中には途方もない宝があるんでしょうね。
徳川の埋蔵金が時々テレビで放送されたりしますが、カルフォルニアの海でも昔の沈没船から出た金の宝飾品や金貨が見つかったなんて言う番組も見たことがあります。

シュリーマンという人が、伝説の話をもとにして、長い時間を費やしてついにトロイア文明の遺跡を発見したこともありますから、まだまだ宝は眠っているのではないでしょうか。
一生をかけて、探すのも面白いと思います。
岩波文庫から「古代への情熱」という本も出ています。
ハインリヒ・シュリーマンは何十か国の言語を話せたとか、子どもの頃にきいたホメロスの詩から発掘のヒントをもらったとありますが、眉唾かも?
ウイキペディアにありました。

茶の湯にも興味津々

茶道を習いに行ったことはないんだけれども、この頃、興味が湧いてきました。
湯を沸かす窯の灰も、模様をつける方法がいろいろあって、実に奥が深いと思います。

招かれたときに作法を知らないと、困惑しますが、もともと茶道は、自由が許されるアバンギャルドな催し物だったのですから、何も知らなくても堂々としていればいいんです。

自分は皇室の晩さん会に招かれても、しっかり自分らしく振舞う自信があります。
自分のルールの中で、精一杯真心を尽くすことができればいいんじゃないかと思います。

学生の頃、京都に行ってお茶をいただいたことがありましたが、何も知らなかったので、主の役の人に聞きながら頂きました。落雁もその時に初めて食べてみて、おいしいと感じました。
そのあとは声明というお経のような歌のようなのを聞いた覚えがあります。
茶道もちょっと勉強してみようかな?

陶芸もやってみたい

以前、焼き物を体験したことがあって、湯飲みを作りました。
武骨で、肉厚で、不格好なのを作りましたが、どこかに行ってしまいました。

幸いなことに、仕事で使った余りの楽焼用の粘土が200キロ以上あるので、ちょっとちねってみようとも思っています。

陶芸用の焼き窯も探しています。電気、ガス、灯油、それらを併用したものもありますが、使う燃料などの違いでが酸化・還元などと難しいので、専門家に聞いてみないとわかりませんね。

だれか古い窯と電動ろくろを、安く譲ってくれませんかねえ。
へらだの、粘土を切る道具だのもセットで欲しいですなあ。

ちなみに焼く茶碗の色は黒かシロと決めています。
千利休も欲しがるようなものを作るぞと思っています。
登り窯というのもいいかも。

骨董品に惹かれるのは遺伝か?” に対して4件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    …まっちさんが住んでる所にも恐らく釜をやってる所が有ると思います。

    後は出会いだけですねwww

    「こんなもので、すいません」…実は骨董品は「俺は、強い」のでは無く助けを求めてるのかも知れません。

    救う人の見方でモノが浄化されると思います。

    …とかなんとか。

    1. match より:

      今、煙草盆とキセルに熱中しています。どんなものがよいのか、まだ見る目が養われていないので、勉強です。

      1. BLACK EYE より:

        まっちさん…情熱の炎を絶さない姿勢がほんとカッコいいと思いますよ!…キセルだけに(笑)

        賢く、偉く…そんなことより大切なのはパッションですね。

        AKIRAの金田:「俺達ゃ、健康・優良・不良少年だぜ!」

コメントを残す

前の記事

読書の重要性について

次の記事

古典文学への誘い