モノを大切に【コンロ編】

いつもお世話になっているTさんが、コンロを持ってきてくれました

大きめのガスコンロです。
錆があるけど、どこかの旅館で使っていて、廃棄になったものだろうとの話でした。

これを磨き、ガスの取扱店でボンベを借りれば、煮炊きができますね。
カセットボンベよりも数段格安です。

本当は2口あると都合がいいんですが、まあちょっと手をかけてきれいにしたいと思います。
これが、掃除前の姿。

サンドブラストがあれば、すぐにきれいになるけど、コンプレッサーやらブラスト器やら、研磨用の砂なんかを購入すれば、何万円もかかってしまうから、かえって赤字。

でもサンドブラストマシンは、他のことにも使えるから、そのうち手に入れたいです。

このガスコンロは、重いけどしっかりしていて倒れる心配はないようです。
重さは10キロ以上ありそう。
重い台が付いていて、この上に大きい鍋や、ヤカンなんかを置くことができます。
プロユースのコンロですね。
バラバラにして、ガスのコックなんかも点検します。

丁寧にワイヤーブラシでやるのがいいんだけど、手間がかかるから、電動ドリルにアタッチメントを付けて錆を落とします。

錆を落とすと、結構キレイ。
廃油を満遍なくかけてやります。

ガスコックも念入りに磨きましょう。

ここが一番大切な所。
ガスの出口です。
でも一つのコックがありません。
これでは、コンロになりません。

この網の上で、焼き肉出来ちゃうんじゃないかと思ったけど、後の始末が大変ですね。
この後錆止め用に、サラダオイルでも塗って、布で磨きましょう。

これで、大きなヤカンに湯を沸かすことが簡単になりそうです。
キッチンに置くには強力な換気扇が必要。

いっそのこと炭焼きグリルにしてはどうでしょうか。
上の頑丈な鉄の網をきれいにして、焼き肉。
木炭が燃料ならいいですね。

廃油を塗りました

炭焼き用のグリルとして活用したいと思います。

モノを大切に【コンロ編】” に対して4件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    旅館とかで使ってたとなると…中々のサイズなんでしょうね。
    錆び取り等ガスの通り道のメンテが大変そうですが、このコンロが使える様になれば、それなりの大鍋や寸胴も使えそうですね(笑)…料理の幅が広がりそう…

    鋳物って貴重ですね〜

    1. match より:

      結構重いです。
      でも一か所、コックの部分が欠損していました。
      この部分のパーツの調達がカギですね。
      そしたら、寸胴も置けます。

      1. BLACK EYE より:

        お湯を煮立てるどころか、とんこつラーメンもいけますね(笑)

        1. match より:

          残念ながら、わが家は麺類が苦手です。
          特に蕎麦とかラーメン、そうめんなどは、普段は食べられないメニューです。
          ラーメンも即席ラーメンならOKですが、、、。

          水が貴重なので。

コメントを残す

前の記事

フランス語の勉強②