冬に備えて【薪の準備】

もう山の上は白くなりはじめています。
雪ではなくうっすらとした霜。

まもなく雪の到来ですね。
知り合いの方が口をきいてくれて、薪をたくさんもらえることになりましたので、出かけます。
道のりは遠いのですが、乾いた古材がたくさんあるというので、行きました。

元は、はせ掛けに使っていた杉の太い棒です。
コンバインが普及して、使わなくなったようです。

きっとよく燃えるでしょう。

薪運搬準備

我が家にはきちんと走れる軽トラがないため、近所に借りに行きます。
そして我が家に戻って、コンパネを3枚とロープを積み、出発です。
往復で30キロの距離ですが、これを4往復する予定。

プルーン畑で積み込み

午前中は、プルーン畑に行きました。
枝うちをした畑にはきれいに薪が積んであります。
場所は聞いていたので、勝手に取りに行きます。

ずいぶんたくさんあります。
2往復で全て運びたいのですがて、どうでしょう。
文字通り、山積みしないといけません。

プルーンの干したものや、ジャムになったものは、食べる機会がありましたが、生のプルーンは、長野に来て初めて味わいました。
病みつきになります。
いたむのが早いので、なかなか生のプルーンは食べられませんね。
その土地ならではの、ぜいたく食材です。
今年はもうすでに、収穫し終えていますが、来年は腹いっぱい食べてみたいです。

積み込み1回目完了です。
ゆっくり気をつけて、わが家に置きに行きましょう。

積み込み2回目

1回で相当の量でした。
これを太さに分けて、収納するのは大変そうです。

2回目も、積み込み完了。
出発です。
12時までに2回の運搬を完了する予定でしたが、何とかクリア。
午後は古い竹を貰いに行きます。

竹がこんなに

竹をたくさんいただきました。
中にはまだまだ使えそうなものもあり、竹細工に活用しようと思います。

ちょうどいい大きさのものは、煙草盆に利用します。
自作の煙草盆はでき次第、アップします。

今日で何日分かの薪を確保できました。
これを太さで分けて収納していくのがまたひと苦労なんです。

古材がもう少しあるというので、明日も貰いに行くことにします。

冬に備えて【薪の準備】” に対して2件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    お〜

    ぬける様な秋の青空のもとの作業…絵になります!お疲れ様です〜!

    プルーン…そう言えば何年と食べてないなぁ…ミキ・プルーンの人の主演作の「壬生義士伝」は何度と観ましたが(笑)…「天皇様に弓引く気ば御座らんが!」…って脇差しも抜いて二刀流で突撃するのが…泣けるんすよね…男泣きです。

    作品に村田雄浩さんも佐藤浩市さんも堺雅人さんも出てますね(笑)

    …脱線しちゃったww…細竹いっぱい有る様なのでこいつを使って庭に生け垣作ったらカッコいいんでは?(ナンチャッテ…おもさげない!汗)。

    1. match より:

      ありがとうございます。
      竹はいろいろな用途が考えられますね。
      何ができるか、自分でも楽しみです。

コメントを残す

次の記事

久し振りのお散歩