ものづくり⑤【火吹き棒改】ほんとに昔の知恵には感心させられます

country breeze tackneのインスタで、火吹き棒がのっていました。
作り方を詳しく聞いたので、自分でも作ってみました。

この火吹き棒の利点は、日にち数いてかがまなくても使えるという所。
確かに、火吹き棒を使う時って姿勢が悪くなりますから、、、。

これが火吹き棒・改を作るのに必要なもの。
ゴム管と金属のパイプ。
本家は真ちゅうを使っていましたが、自分はアルミの管です。
作り方は簡単。
ただちょうどいい長さに切ってつなげるだけ。
所要時間は10分。
10分で2つできました。

ただ、ゴム管に金属の管は入りにくいので、濡らして入れます。
自分は唾液で。
ちょうど釣りのウキをゴム管につけるのに似ています。

自転車のタイヤの虫ゴムも、濡らしてから入れますよね。

完成したものがこちら。
なかなかいいです。
腰が痛くなりません。

でももう少しの改良が必要。
ちょっとアルミの径が小さすぎるのが難点です。
使っていて苦しくなってしまいます。

ちなみに竹の火吹き(火吹き竹)も作りました。
ちょっと腰は痛いけど効果は抜群です。

こんな火吹き棒を自作している人もいます。

冬キャンに必須?好みの素材で世界に一つだけの火吹き棒をDIYしよう!|BE-PAL

ものづくり⑤【火吹き棒改】ほんとに昔の知恵には感心させられます” に対して3件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    お〜

    至ってシンプルなモノですが、これで焚き火の火力をピンポイントでコントロール出来るんですよね?…自分使った事なくて。

    火を操る…何か術士の様でカッコいい!

    1. match より:

      竹で作った火吹き竹は、ものすごい威力を発揮します。
      キャンプでも、BBQでも、使えます。
      ただ、ちょっとスタイルを気にする人には不人気でしょう、、、。

      今回作った火吹き棒・改は、もう少しの改良が必要でした。
      アルミの径が小さすぎて、苦しくなってしまうんです。

コメントを残す