親子でキャンプ旅【西の方にも行ってみたい】北陸編

北海道への旅は、計画しやすいです。
なぜかというと、キャンプ場が安いから。
関東近郊では一泊したら5000円以上。
中には、7000円なんていうキャンプ場があります。
毎日キャンプしてそんなにかかるのでは旅館に泊まった方がはるかに楽だしリーズナブルということになってしまいます。

道の駅を利用するのも手ですが、車中泊になります。
車中泊ができるような用意が必要。
暑い時期は扇風機。
網戸も必要。
冷蔵庫もあるといい。
そうなると、電源が必要になって、結局割高ですね。

石川・富山・京都を抜けて瀬戸内海周辺なんていいんじゃないでしょうか。
夏場はちょっと嫌ですが5月6月ならいいでしょう。
四国にわたって、一周するのもいい。

北海道と違って、フェリーに乗らない分旅費が安く済みます。
土佐のカツオを食べないとね。

でもまずは近場から計画です。

親子キャンプ【北陸編】

新潟ー富山ー石川のわりと近い所で練習を兼ねてキャンプしたらどうかなと考えました。

新潟県

東山ファミリーランド 連泊候補

長岡市の無料のキャンプ場です。
クオリティーが高いようです。

東山ファミリーランド|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

富山県

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場

キャンプサイト・・・2100円
やや高いですが、いい場所のようです。

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場 | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

墓ノ木自然公園キャンプ場 連泊候補

黒部川に近く、無料というのがさらにいいです。

墓ノ木自然公園キャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

雨晴松太枝浜キャンプ場 連泊候補

こちらも無料。
しかも、海のそばだから食料確保できますね。

雨晴松太枝浜キャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

石川県

石川県はキャンプ場が盛だくさんです。
中にはグランピングなどのように高級な施設もありますが、無料化またはリーズナブルなところを探しました。

輪島市 袖ヶ浜キャンプ場 連泊候補

海水浴場の前のキャンプ場です。
時期を外せば無料のようです。
海のすぐそばなので強風に注意すれば、気持ちの良いキャンプができそうです。
シーズンを外して、連泊できますね。

袖ヶ浜キャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

皆月青少年旅行村キャンプ場

このキャンプ場の評価はあまりよくありません。
でも実際に自分で見て体験してみないといけませんね。
入場料・・・・・400円
駐車場・・・・・300円
テントサイト・・600円

皆月青少年旅行村キャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

石川県健康の森キャンプ場 連泊候補

ここは海沿いではなくちょっと入ったところです。
オートサイト・・・・610円

610円というのはいいですね。
安心料のようなものです。
その分食費にかけられます。

石川県健康の森オートキャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

ここは連泊できそう。

輪島エコロジーキャンプ場

こちらは海沿いです。
フリーサイト・・・・1020円
魚が釣れればもとがとれますが、、、。

輪島エコロジーキャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

羽昨市 大島キャンプ場

個々の評判は上々です。
入場料・・・・・・500円
フリーサイト・・・500円
クルマ乗り入れ・・1100円
家族で行くと2600円也。

大島キャンプ場|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

羽昨市 休暇村能登千里浜シーサイドキャンプ場

テントサイト・・・1200円
入場料・・・・大人400円
一泊すると2000円かかります。

能登千里浜シーサイドオートキャンプ場 休暇村|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

このキャンプ場は行ったことがあります。
海に近く、歩いて2~3分で海岸に出られました。
6月初めでしたが暖かかったです。

テントサイトは松林で、海風の影響も少なかったです。
ここはもう一度行って連泊したいですね。

羽昨市 千里浜なぎさモビレージ

ここは渚をクルマで走れるということで有名なところ。
テントサイト・・・・500円
入場料・・・・・・・300円
駐車場・・・・・・ 1000円

一度は行かないとね。
一泊で2000円以上になってしまうのでちょっと躊躇します。
連泊は厳しい。

千里浜なぎさモビレージ|ご予約は[なっぷ] | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】 (nap-camp.com)

親子でキャンプ旅【西の方にも行ってみたい】北陸編” に対して1件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    北陸…以前、輪島の朝市行った事有りましたが、海産物がどれもウマそうで、何を買うか迷った記憶です。

    あ〜アワビの干し物…買って食べれば良かったなぁ…あの時、と後悔。ノドグロは食べました。

    どこぞの食堂で海鮮丼食べた時は感動はしました。…やっぱり海の物はウマイですね。

コメントを残す