クルマ道楽 その2

MG Midget1500
ランドクルーザー80
ランドクルーザー80

トヨタ ランクル80

ミニを手放して、変なツーシーターとビートルを買ったあと、家族が安心して乗れるクルマがないので、トヨタのランドクルーザー80のバンを新車で買った。
ウルトラマンカラーのツートン。

そのころ、アメリカが戦争をしていて、ランクルの納車がひどく遅れたが、車としては最高だった。

ディーゼルだったから排ガスが臭くてそれが悩みの種。
もっとワクワクするのが欲しくて、ランクルを下取りに出して買ったのがこれ。

ジャガー
ディムラ―W6

ディムラー ダブルシックス

この写真はジャガーだが、手に入れたのはディムラ―ダブルシックス

英国のまあまあの高級サルーン。
色は黒だったから、その道の人と間違われて道を譲られた事も多かった。

乗り心地は最高で、加速もスムース、内装の皮の匂いも良かった。
乗ってみてよかったと思う車だな。

ベンツやBMWの高級モデルと比べると走りもエンジンもかなり落ちるだろうが、雰囲気はまさにジェントルマン。
上品この上ない。
また手にしたい一台ともいえるクルマ。

ホンダ S2000

ホンダS2000
ホンダS2000

のっそりした走りのクルマに乗っていると、どうしてもスポーティーなのが欲しくなって、S2000を買った。
速くて、楽で、カッコよかった。
色は黄色。

幌がすぐにオープンになるし、何しろ運転が楽しい。
でもこの車に乗ってから、あることに気づく。
自分は運転していても車酔いをする。
特に強く減速した時に、気持ち悪くなるのだ。

イギリスの非力なオープンカーにばかり乗っていた自分にとっては、S2000の250馬力は未知の領域だった。MGBは高々60馬力程度だったから。

MINI /PANDA/SUPER SEVEN

スパーセブン
スーパーセブン

S2000も手放してからは、またMINIを手に入れた。
1300のクーパー

同時にFIATのパンダも中古で手に入れたので、この2台のナンバーは続きナンバーだった。

そのころまたまた早いのが乗りたくなって、借金をたくさんしてケータハムセブンを手に入れた。
1700のスーパースプリント
自分の好きな色に塗ってもらって、納車されたが、ちっとも楽しくはなかった。

一人でクルマ乗って楽しんでも、あまり楽しくないんだねきっと。
わかってもらう仲間がいないとなかなか辛いものがある。

ボロボロのクルマでサーフィンに行ったりする方がずっと幸せだね。

Follow me!

クルマ道楽 その2” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

前の記事

お宝発見!