親子キャンプ持ち物確認【もう何時でも行けるような気がしてきました】

 必要なものリスト

親子旅に必要最低限のものを集めます。

食べる

調理は、カセットコンロと焚き火台で行います。
岩谷の薄いやつです。
本当はボンベもイワタニがいいんですが結構高いので普段は廉価品を使っています。

ソース画像を表示


予備として、ガソリンツーバーナーを使います。

ソース画像を表示

コーヒーを飲むだけにたき火をしたりツーバーナーを出したりするのも面倒です。
ガソリンのシングルバーナーも必要です。

ソース画像を表示

あとはコッヘルやスキレット、カップ、皿、カトラリー。
テーブルとイスも持っていきます。
イスは3脚。
テーブルは2つ。
それから焚き火台。

ソース画像を表示

薪を使うかもしれないので、バトニング用のナイフ。
それとハスクバーナの斧。
余裕があったら、丸太をひとつ。

ソース画像を表示

新しく購入が必要なものは、CB缶くらいです。
包丁とまな板も必要。
もしザルなんかが必要になったら、途中で買いましょう。

食材や飲み物を入れるクーラーボックスも必需品でしょう。
暑い時期には必要。
それと米。
パンを焼くための強力粉。
調味料一式。

身に着ける

家にあるもので十分。
Tシャツ・シャツ・フリース・パンツ・短パン・下着・靴下・靴・ビーサン・帽子・パジャマ
雨具と傘もひとつずつ。

寝る

布団は必要ないでしょう。
毛布・タオルケット・寝袋・テントマット・枕はバスタオルで代用します。
テントとタープは今使っていないものを持っていきます。
ちょっと狭いけど組み立てが簡単で早くできるもの。
コールマンのツーリングドーム。
ポールも4~5本いるかな。
タープもコールマン。
もちろんペグやハンマー、ロープも必要。

ソース画像を表示

明かり

外で使う明かりは、デイツの灯油ランタン。

ソース画像を表示

これでは暗いので予備として、ガソリンランタン。

ソース画像を表示

すぐに、明かりが欲しい時のためにコールマンのガス式ランタンも。

ソース画像を表示

室内は、LEDランタンにします。
これはいいものを持っていないので、購入が必要か?
ソーラーランタンならあるけど、、、。
つなぎ目が切れているので、要修理。

ソース画像を表示

ランタンをつけるときのために、SOTOのスライドガストーチも持っていきます。

ソース画像を表示

発信する

旅の途中を動画で発信したらいいですね。
パソコンと電気を供給する仕組みが必要です。
それとどこでもインターネットがつながるような装置。
購入する必要があるかも。

釣る

釣竿と、たも網、釣り道具一式。
これは何でもいいですね。
釣れたモノしか食べないわけではないので。
イカなんかが釣れたらいいんだけどなあ。

リラックスする

コーヒーの道具一式。
ドリッパーとフィルターペーパー。
それにコーヒーの粉を入れる容器があればいいですね。

ソース画像を表示

カップは木製のものを持っていきましょう。
自分で削ったククサだったらもっといいですけど。

ソース画像を表示

そのほかの持ち物

ギターを持っていったらいいけど、うまく弾けないのでボツ。
音楽は、ケータイの音楽でいいかな。

長い旅になると、爪切りや綿棒も必要になるのかな。
おむつやティッシュも、相当使いそうです。
石鹸やタオル、歯ブラシのセット。
地図と筆記用具。
魚の図鑑。

必要なものが決まると、いつでも行けるような気がしてきましたが、たいていのキャンプ場は5月から。
速い所でも4月からです。
それまでは我慢我慢。

親子でキャンプ旅【西の方にも行ってみたい】北陸編

コメントを残す