たき火が恋しい

秋ですね。
木々の葉も黄色や赤に色づき、枯れ葉も地面にちらほらと落ちてきています。
長袖を着ても何だか肌寒いし、かといってダウンはまだ早い。

こんな時は、たき火です。
もちろん外でたき火。
サツマイモ買って、焼き芋なんていうのも趣がありますね。
「いとをかし」です。

昨日ちょうど、クルマを雪対策のために移動しました。
そこで、石を積み上げて、かまど作って火を起こすのはどうでしょう。
われながらいいアイデアです。

 かまど計画

ちょうどいい場所ができたので、ここをかまどにします。
雪が積もるころまでは使えそう。
さっそくプランを考えました。

石は、まわりから集めてきて、丸い形に積んでいきます。
やかんをかけられるように、吊り下げる仕組みを作ります。
結構長いポールが必要。
だから、タープ用のものを使おう。
大きい五徳のようなものがあればいいのですが、これも考えましょう。

元、駐車スペースでした

とりかかる前【BEFORE】

ここには軽自動車が2台止めてありました。
結構広いので、5~6人は火を囲めそうです。
湯を沸かしたり、鍋をコトコト温めたり、焼き芋をつくったり、焼きマシュマロを楽しんだりできそう。

ちょっと石を集めてみた

本当はここに小屋を建てようかと思いましたが、圧迫感があるのは嫌なので、とりやめです。

石運び・石積み

周りから石を集めて、積んでいきます。
崩れないようにするのは、難しい、、、。
雨が中にたまらないように水抜きを作ります。

完成した時の大きさも、考えて作ります。
内側の直径(内径)は90cm位にします。
これなら大き過ぎず、小さ過ぎず。
ちょうどよさそうです。

中には、三本の足を入れて、鍋が吊るせるようにします。

これじゃあ深すぎます

3本のポールも、古いタープのポールを利用。
2本しかなかったので、バラバラにして、、、。
3本にしました。
これにホースを止める金具と、リング、チェーンをつなぎます。
杭を3本束ねてポールにさします。

でも石組みの直径が小さ過ぎました。
やむを得ず外側にポールを固定しようと思います。

腰かけ作り

せっかくワイルドな、かまどですから、座るところもワイルドにしましょう。
これもちょうど先週頂いてきた丸太があります。
これをきれいにして、雨ニモ強い仕様に加工。

これをバーナーで焦がします。
そしてやすりがけを施して、、、。
いくつかの大きいものはテーブルにします。

これだけでは、尻がいたくなりそうなので、何か工夫をしなくてはいけませんね。

ばあちゃんに編んでもらった毛糸の敷物にしましょう。

風対策・雨対策

たき火の途中、風や雨に邪魔されないように何か工夫したいと思います。
屋根を付ける?
タープを張る?
何日もそのままでおいて置けるものにしなくてはいけないので、結構頑丈な作りのものが必要ですね。
しかも、雨が堪らないようにしなくてはいけません。
もちろん火に弱いものでもいけない、、、。

でも結局あるもので代用します。
風よけを、北、西、東に設置します。
ブッシュクラフターがつくっているようなものにしようかな。

かまど完成【AFTER】

かまどが完成しました。
結構大きい感じです。

自分でつくるのは、懐にも優しく、精神衛生上にも極めてよろしいかと思います。
できた後の達成感が、いいですね。

でも、ちょっとイメージより小さかったかな?

追記

トライポッドができました。
予算1000円以内で出来ました。
ホース金具3個
リング6個
細チェーン24cm×3本
チェーン 70cm
金属製の杭 3本

これにフックをかけて、ヤカンを吊るしたりします。
あまり重いダッチオーブンはちょっと危険です。

つくるにあたって苦労した所は3つのパイプをくっつける所でした。
曲がったペグを利用しました。3本のペグをつなげたところまではよかったのですが、これを付ける方法がなかなか見つかりません。
結局は、30cmほどの杭をつなげてからポールの穴に差し込むことで解決です。

火入れ式

朝方、かまどに火を入れてみました。
ライターではなく、メタルマッチで。
シラカバの皮と、麻ひもをほぐしたのを使いました。
天気が良かったのと、風もなかったのとで、すぐ着火が完了。

パーコレーターでコーヒーを淹れ、焼き芋を楽しみました。
いい日曜日でした、、、。

屋根をかけるプラン

太さ20cmくらいの杉の丸太を貰ってきてあります。
これをつなげて何とか屋根をつけたいと思いました。
壁はつくらないので、東屋風です。




たき火が恋しい” に対して3件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    ども〜、キャ◯ヘイです!!
    ここをカマド地にする!(ドンッ!)

    …外でも色々出来る様になっていって楽しみっすね〜

    みんなでトン汁とか作ったら楽しそうッス!

    1. match より:

      寒い時期に豚汁。
      いいですね。
      何杯も食べられるように、でっかい鍋で作りましょう。
      それと、メスティンのご飯があれば、何もいらないかも、、、。
      、、、ビールは必要ですね。

      1. BLACK EYE より:

        メスティンで炊いた御飯が美味しすぎて…ビックリしている今日この頃…

        家庭用電気炊飯器なんて要らない!
        (2階からポーイ!ズガシャ!)

        …いや、炊飯器はアル中◯ラカラさんの様におばあちゃんの素をたっぷり入れた料理に使おう(笑)

コメントを残す

前の記事

焚き火用新兵器導入