クルマ選びの幸せ感【モノを買う時の高揚感について考える】

物を買う時にはなんだかウキウキしますね。
スーパーで刺身を物色するときにも、、、。
どんな缶詰を買おうかな?
なんて考えているときにも、、、。

ALFONSO CHARLESによるPixabayからの画像

特にこれまでに手にしたことがないようなものだと、うずうずしてきます。
最近では、タコスをつくる材料にときめきました。
いちばん欲しかったのは、ナチョチーズ。
これは今までに買ったことがありませんし、食べたことも記憶にありません。

ビーバス&バッドヘッドが登場するゲームでは、無人のハンバーガ屋さんで好き勝手にやるシーンがありますが、ドリンクマシンから直接飲んだりします。
その時にナチョスとかナチョチーズという言葉がでていたような、、、。

買うものが安い場合にはあまりドキドキ感は強くありません。
めったに買えないものや、ほとんど人が買わないようなものは、購入の際の高揚感はすごいものです。
これはアルコール依存や薬物依存などと同じ伝達物質が脳から出るからなのでしょう。
買った時に、ものすごく楽しい満足な気分になります。
買い物依存症の症状ですね。

以前、瞬間的にお金持ちだった時には、どんなものでも買えることで、満足感はありましたが、人間の感情はなかなか難しいもので、それほど嬉しくないんです。
買えてしまうから、買うものがとてもつまらなく感じます。
買えそうで買えない、手が届きそうで届かないくらいのものがいいようです。

キャンプ道具でも同様です。
ノルディスクの大きなキャンバステントが欲しいと思っていたことがありましたが、そのものに触れてみたところ、あまりよくないことが分かりました。
そんな感じで一瞬にして要らなくなってしまいます。

フィンランドのナイフも、ものすごく欲しかったことがありますが、がんばればすぐに手に入ると思うと、要らなくなってしまいます。

テントの中で使える薪ストーブも、欲しくていろいろ調べましたが、かさばるし、スマートじゃないような気もします。
寒かったら、火を焚けばいいだけのこと。
道具ありきのキャンプは、本末転倒です。

美味しいウイスキーも、並べたら気持ちがいいんでしょうが、今はあまり飲んでいないのです。

最近は、古いものを修理したり、きれいに磨いたりすることが好きですね。
今は、エンジン式の発電機のジャンク品を買って直そうかなと思っています。

今回購入予定のクルマは、なかなかのものです。
でもいざ買ってしまうと思うと、なんだかつまらなくなってきますね。
もう選ぶ楽しみがなくなるから。
選ぶものと言ったら、スタッドレスタイヤくらいのものです。
あとは保険

あとで考えると、ポルシェカイエンでもよかったかな。
壊れる心配はありますが、ワクワク感はあるでしょうね。
乗ったことがないからですね。

コンポストトイレをなおした時は面白かったです。
わずかな部品で、動かすことができるようになった時に、うれしさと満足感が押し寄せてきました。

フロントガラスを交換した時にも、同様にやりがいを感じました。

貰ったコールマンのツーバーナーを修理して、使えるようにした時も、、、。
拾ったランタンは、ガラスが割れていましたが、改造してコールマンのホヤを付けた時も、、、。

結局買うよりも、自分の力で何とか使えるようにしたことがうれしく、意義のあるものに感じられるのですね。

この冬は、雪が多く雪かきも大変でした。
来冬は、除雪機を導入したいと考えていますが、ジャンク品を買って直すのもいいんじゃないでしょうか。
ちょっとてごわいかもしれませんが、、、。

Follow me!

コメントを残す