大人なのに?絵本の楽しみ

絵本は子どもが読むもの?

そう決まっているわけではありません。
だって、描いているのは大人なんですから。
大人が読んだって「いい物はイイ」
というわけで、わたしのお気に入りの絵本を紹介したいと思います。

佐野洋子の絵本

佐野洋子さんは、ご存じの通り、詩人の谷川俊太郎さんの連れ合いだった人です。

寂しいことに、最近亡くなってしまいました。
絵本だけでなく、エッセイも歯に衣を着せぬ痛快な言い回しが大好きでした。

とくに、子どもの頃の話は、自分と似たようなところがあって、楽しく読んだ記憶があります。

百万回生きたねこ

佐野洋子さんの絵本は何冊も持っていました。

風変わりな作品もあって、おもしろいんです。
「おじさんのかさ」「ねこいるといいなあ」「おぼえていろよ大きな木」「ふつうのくま」「空とぶライオン」などがあります。

「空とぶライオン」は、小学校の国語の教科書にも載ったことがありました。

佐野洋子さんの絵本の中で最も有名で、素晴らしいのは「百万回生きたねこ」だと思います。

わたしは、この本に初めて出会ったときに、救われた感じがしました。
それまで、わたしも、このねこのようだったから。

「おれは、サーカスのねこだったんだぜ。」

なんて言って自分のできることを自慢して、しろいねこの歓心を買おうとするところが、自分にそっくりでした。
ねこは自分の事が一番好きで、飼い主なんか大嫌いだったというところも、似ていました。

だれにも心を開かなかった。

そんなねこが、最愛のねこに出会って、変わっていきます。

そして、最愛のねこが死んで、泣いて、泣いて、自分の命も果てる。

愛すること、愛されることで、自分が自分のままでいられて、虚勢を張ることも必要なくなります。
「、、、なんか大嫌い。」ということもなくなります。

たくさん生きたねこでしたが、本当の意味では「生きていなかった」といえます。
この「百万回生きたねこ」に出会って、心を打たれた人も多いと思います。

また、何度も読み返すことで、さらに気づくこともあるかもしれません。

C.V.オールズバーグの絵本

オールズバーグの絵本は、とにかく絵が素晴らしく、画面の切り取り方がうまく、光と影を効果的に使っていて、引き込まれます。

映画になった「ジュマンジ」もそうです。

オールズバーグの手法は、アップにしたり、背中から見せたりと、まるで映画のワンシーンを切り取ったようです。

作品はたくさんありますが、不思議なものばかりですが、中でも
「THE SWEETEST FIG」」
邦題は「まさ夢いちじく」も、おもしろいです。

くいしんぼうのあり

原題は「TWO BAD ANTS」
邦題では「二匹のいけないアリ」または「くいしんぼうのあり」で出ています。

内容も面白いのですが、挿し絵に惚れます。

魔法のホウキ

この絵本も、挿し絵が素晴らしく、本のカタチも特徴的です。
魔女が登場するも、顔は描かれていません。

モノクロームの色合いも、古びているような不思議な感じを出しています。
絵本の棚に入れておきたい1冊です。

そのほかのお気に入りの絵本

ずうっとずっと大好きだよ

小学1年生の国語の教科書に載っていました。

犬と少年の絆を描いた見事な絵本です。
飼っていた犬は年をとって死んでしまいますが、これまでも「ずうっと」そして死んだ後も「ずっと」犬のことが「大好き」なんだ。
ということで、この題名になったんじゃないかと私は解釈しています。
見事な訳だと思います。

てぶくろを買いに 新見南吉

名作は、生き残るんですね。
新見南吉さんは若くして亡くなってしまいましたが、いい作品を残しています。

「ごんぎつね」「てぶくろを買いに」

は有名ですがそのほかに
「牛をつないだ椿の木」「おじいさんのランプ」があります。

どちらももすぐれた作品だと思います。
とくに「おじいさんのランプ」は、大人になってから読んだ方がずっと心にしみます

絵本ではいいのがあまり出ていません。
岩波文庫の「新見南吉童話集」でどうぞ。

「てぶくろを買いに」を買うなら、黒井健さんの挿し絵の絵本がおすすめです。

他の絵本は、もっとマンガチックです。

黒井さんの絵は素晴らしすぎるので、買うならぜったいこれ。

新見南吉・黒井健の絵本でもう一つ同じタッチの素晴らしい絵本があります。
「ごんぎつね」です。こちらもぜひどうぞ。

将来、自分も新見南吉のような童話を書きたいと思ってしまいます。

猫の事務所 宮澤賢治

子ども向けというより、大人向けの絵本です。
主人公の「かまねこ」が、職場でいじめられます。

最後には、ホッとする結末ですが、昔も今もパワハラは、あるんですね。

虔十公園林 宮澤賢治

これも隠れた名作でしょう。
猫の事務所と同じように、虔十(けんじゅう)という主人公が、みんなに馬鹿にされます。

馬鹿にされても、反対されても自分のやりたい事をやり通して、何十年後かにはそれが立派な業績になるというお話ですが、途中はせつなくなります。

うちは精肉店 本橋成一

この本は写真絵本です。
命をいただくことの意味を問いかけます。
今の社会では、汚いもの、汚らわしいものがかげに追いやられ、見えないものにされていますが、本当に人間が「生きる」ために必要な仕事は手作業によるのが筋じゃないかと思います。

生きるとは何か、肉を食べるとはどういうことかを、子どもたちにも伝えたい。
そのためにこの本が出発点となるでしょう。

ぼく、とりをかっていい? 

もう絶版になってしまったのでしょうか。
アマゾンなどでは安価で売っていますが、、、。

ビンボという少年が「とりをかっていい?」
と両親に聞きます。
でも、ダメと言われると、
「じゃあ、ぼく死んじゃうもん。」
と答えます。
そして鳥を飼うことが許され、
ビンボが連れてきた鳥はなんと、、、。

この続きが読みたくなりますね。
娘が暗唱していた絵本です。

大人なのに?絵本の楽しみ” に対して1件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    宮沢賢治…アタゴウル物語…うむむ。

    …とあるトラ猫が居た。

    そのトラ猫は好きでもない飼い主に飼われ100万回死んで…生き返り、100万回生きた。

    ある時、トラ猫は自由な野良猫だった。

    トラ猫は一匹の白い猫に出会い、二匹は幸せに暮らした。

    …やがて白い猫は年老い死んでしまった。

    トラ猫は100万回泣いて、…そして二度と生き返らなかった。

コメントを残す