この本がおもしろい

本を選ぶのは、なかなか難しいです。
最後まで全部読まないと、人におすすめはできませんね。
はじめはすごく引き込まれても、最後で何だか尻すぼみみたいな本もあります。
逆に、はじめは詰まらなかったりしますがだんだんに盛り上がる話もあります。
人が「面白かった」といっても、いざ自分で読んでみると、「どこが?」と思うものもあります。

まあ、読書なんてただの娯楽だから、低俗も高尚もないんだけど、、、。
最近よんだもののなかで、自分がおもしろかったという本を紹介します。

大富豪からの手紙
本田健
ダイヤモンド社

大学生の主人公のもとに、ある日手紙が届きます。

大富豪の祖父が残したのは、「お金」ではなく、9通の手紙

主人公はその「手紙」に導かれて、「人生の秘密」を探る旅に出ます。
そこで得たものは、「お金」では買えない、まさに「素晴らしい遺産」でした。
「手紙」を開くたびに、驚きと学び、感動が主人公を成長させていきます。

なぎさホテル
伊集院静
小学館

これは、2011年に出された本なので、そんなに新しくはありませんが、心に残る本でした。

「伊集院静」はあの大女優「夏目雅子」と結婚していた人です。
同じく女優の「篠ヒロコ」とも結婚していたと思います。

どうして素敵な人たちと、夫婦になれるのかなとずっと不思議に思っていましたが、「伊集院静」の著作を読むと、なるほどと思えます。
「なぎさホテル」のほかにも「大人の流儀」という本が何冊か出ています。
どれもなかなか面白く読ませていただきました。

一言でいうと、作者の「伊集院静」の魅力は、男気。
魅かれるものが文章や生き方から伝わってくるんです。

「なぎさホテル」は、作者が作家になる前のお話です。
彼の魅力や情熱を見抜いて、このホテルにほとんど「ただ同然」で生活させてくれた支配人やスタッフに、感心します。

今では、作家として生活していますが、この時の経験がなかったら「作家・伊集院」はうまれなかったに違いありません。

「なぎさホテル」のあった場所は、今ではファミリーレストランになってしまっています。

自分も若いころ逗子の海に何度か海水浴やキャンプに行きましたが、あの道沿いに「なぎさホテル」があって、作家になる前の「伊集院静」が居候をしていたと思うと、感慨深いです。
「あのホテルの前を歩いたんだなあ。」

自分ももっと大きな夢を持って若いころを過ごしたら、今よりもずっとましになっていたと思うと、残念な気持ちになります。

食う寝る遊ぶ 小屋暮らし
中村好文
PHP研究所

中村さんは、けっこう名の知れた建築家であります。
氏のつくった別荘(小屋)は、浅間山のふもとにあって、床面積がわずか14坪の「別荘」。
小屋の正式名は、「LEMMING HUT]

この小屋生活のモットーは「オフグリッド」です。
エネルギーを自給自足する小屋暮らしを目指しています。

電力・・・ソーラーと風力
水・・・・雨水を浄化する
調理・・・炭火
風呂・・・薪の五右衛門風呂
トイレ・・簡易水洗トイレ

これでは不便と思うかもしれませんが、不便や不自由の中から「創意・工夫」が生まれるそうです。

この本の中のアイデアは、使えるものばかりです。
七輪のレンジや雨水浄化システムはや、見習いたいと思いました。
もちろん自分の目指す生活スタイルも「オフグリッド」です。

さらば、食料廃棄
シュテファン・クロイツベルガー
バレンティン・トゥルン
春秋社

最後はちょっとおかたい本です。
副題に「捨てない挑戦」とあります。
この本は、先進国の生活、特に食料の問題。
先進国の生活様式が、新興国や途上国に生きているたくさんの人たちの犠牲の上に成り立っていることをこの本は証明しています。
先進国の中で廃棄される食料があれば、飢餓で苦しむ人々を救うのに十分なのです。

いま、自分たちの生活を振り返って、そんなことに気づかないふりをするのか、それとも、貧しい国の政治のせいにするのか、子どもをたくさん作るから生活が苦しくなるんだと文句をつけるのか。

自分はどうなんだろうと考えたときに、切なくなってしまいます。
自分もひどい人たちと大して変わらない事をしています。

人は、もともとエゴの塊なんでしょう。
自分さえ幸せだったらいい。
自分さえ飢えなければいい。
楽にお金が稼げて、楽な生活を送りたい。
そう思っている人がほとんどじゃないでしょうか。
豊かさの裏にある問題に、気づいてください。

この本がおもしろい” に対して3件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    大富豪は(自分はなったことないからわからないですが)家柄も有ると思いますが、成りたくてなった人と、人に付き合ってたら成ってしまった人とか居ると思います。

    お金に愛される努力なのか、人に愛される魅力なのか…持って生まれた才能なのか…わかんね。…自分は貧乏人なので次元が違いますね。

    夏目さんは…今でもかわいい人と思います。

    40年前の三蔵法師役…今でもかわいいなぁ。

    「くうねるあそぶ」…日産セフィーロの、井上陽水の謳い文句と記憶してます(笑)…兄貴がその当時セフィーロに乗ってました。…今でもいい車と思いますww…そのタイミングで昭和天皇崩御でCMでそのセリフをカットされたの覚えてます。

    食品は…作り手によっても左右される所でありますが、廃棄されるのが嫌なら冷蔵庫を廃棄しろ!って所ですね。

    畑に行って、例えば大根を大根おろしや煮物に使いたいから、農家さんに「これなんぼ?」って言って買ってたら冷蔵庫要らないだろうし。

    …とかなんとか。

    1. match より:

      自分も夏目雅子は大好きでした。
      特に、顔が好き。
      興福寺の阿修羅像に似ていませんか?
      憂いと凛々しさを感じます。
      若くして亡くなって本当に残念です。

      1. BLACK EYE より:

        あぁ〜そうですね。…阿修羅像。

        あの阿修羅像は少年の様な…キリッとした少女のような…中世的で何か大人というより思春期の子供から大人へと変わる感じが有ります。…変化の時が阿修羅なのかな?

        …確かに似てると思います。

        だから三蔵法師の役が回って来たのかも?

        元オリンピック選手のフィギュア・スケーターの浅田真央ちゃんは完全に仏顔ですよね(笑)

コメントを残す

前の記事

庵で囲炉裏【IORI DE IRORI】

次の記事

SAFETY FAST MGに乗りたい