もう一度見たいあのドラマ、あのマンガ

1960年代、子どもの頃に見たアメリカのドラマには、夢がたくさん詰まっていた。
ホームドラマには、豊かな電化製品や大きなオレンジジュース、そしてバケツほどもあるアイスクリーム。自分たちもそのうちに、あんな生活が送れるのかと嬉しい気持ちになったのを覚えている。
家には、ガレージが付いていて、クルマをお父さんが修理している姿は、子どもながらにあこがれをもった。
戦争が終わってまだ20年位の頃だから、父親などは戦争映画やドラマを好んで見ていた。第17捕虜収容所とか、コンバットなどは何度もつき合わされたが、勝慎太郎の「兵隊やくざ」よりは、居心地がよかった。あれは、ちょっと困った。

名犬ラッシー、わんぱくフリッパー、ララミー牧場、じゃじゃ馬億万長者、奥さまは魔女、コンバット、大草原の小さな家、アメリカンヒーローなどなど

なかでも、「大草原の小さな家」は、子どもの頃ではなく、仕事をやめて毎日何もしていなかったときに、全部見た。何もないところから家を作り、荒れ地を開墾して畑にして自分たちの食料を自分たちでつくるその生活は見ていても大変そうだった。

娘が産まれたら、ローラのようにバイタリティーのある心優しい子に育ってほしいと思う。
奥さんもたいそう美人だが、生活力が今一つだったね。

でも、その当時の人たちはそのような暮らしが普通だったはずだから、今では想像もつかない大変さだったと思う。日本のように、オオカミや巨大なクマなどの野生動物がいないところならいいが、アメリカではそのほかにもネコ科の猛獣がいる。ドラマではあるが、昔の開拓時代と比較すると、この平和な日本で自給自足なんて簡単な事だと思える。

奥さまは魔女も大好きで、再放送もたくさん見た。ストーリーはたいてい似たようなもので、落ち着いてみられる。
隣人のグラディスさんが、魔法を使った場面に遭遇してしまい、
「あーたぁ。たいへんなんだからー。」
と、旦那に、今見たことを伝えるところが特に面白い。サマンサが、魔法で何とかするのだが、グラディスさんの栃木か茨城かのなまりが、特に笑えた。
じゃじゃ馬億万長者の人たちも、なまりが面白かったね。

テレビマンガも思い出すと、いいマンガがたくさんあった。自分は手塚治虫が、あまり好きではなかったが、あの人がいなければ、日本のアニメ界は世界に誇れるものにはなっていないはずだから、尊敬はできるね。

エイトマンは、ガムを噛んでいたような気がするし、スーパージェッターは流星号が好きで、よく絵を真似して書いていた。鉄人28号も大ファンだったから、グリコのお菓子もずいぶん買ったね。テーマソングの後に「グリコ・グリコ・グーリーコー」って流れるのは時代を感じます。

マイナーなところでは、宇宙少年ソランとか流星少年パピイなんかも好きだった。腕時計ではなしをしていたマンガの世界が実際の生活になるなんて想像もできなかったね。これは、スーパージェッターで、相棒の流星号を呼ぶ時計みたいな通信機のこと。

おそ松くんとかパーマンとかオバQも大好きで、よくみたし、フーセンガムも買ったな。うちは、まだ白黒テレビだった。

どのマンガも、主題歌がすごく印象的で、今考えるとよくできていたと思う。
才能のある人がつくったんだろうね。テーマソングで好きなのは、タイガーマスクだね。初めのバイオリンでの激しい旋律が特によかった。
タイガーマスクのB面かな?みなしごのバラードなんかも泣かせるよ。

バビル2世のテーマソングもいい。はじめ人間ギャートルズもいいし、もちろん宇宙戦艦ヤマトなんかは名曲だね。デビルマンも絶対外せない。
エレキギターでしびれる出だしは、ハクション大魔王あくびちゃんの歌もすごく良かった。
忘れてはならないのは、マッハGo!Go!Go!
あんなクルマが欲しかったなあ。

聞かせたいけどリンクを貼って聞かせる方法をまだ知らないので残念ですが、ネットで調べて聴いてみてね。

いなかっぺ大将は、大ちゃん数え歌が最高。天童よしみが歌っていたんじゃないかな。
仮面ライダーは、どれもいいし、自分としてはウルトラセブンのテーマソングが大好きですね。
でも、一番好きなのは、キャンディーキャンディーとかキューティーハニーなんです。

これって集めてBESTアルバムとして出したらいいんじゃない?


Follow me!

もう一度見たいあのドラマ、あのマンガ” に対して6件のコメントがあります。

  1. BLACK EYE より:

    「大草原の小さな家」で嵐で畑が壊滅し、僅かに残った畑を女性達に任せてお父さん達が石切場に出稼ぎに行って、家族の為にと…同じ境遇に居る仲間と意気投合して和気あいあいとして業務に就いたのに、いきなりダイナマイトで爆死した人の家族を見合う話は凄く心苦しかった思い出…あの話は犠牲が必要だったのか?と悩んでしまう。

    …自分にとってアニメーションは80年代中・後半のアニメーションが印象に残っていて…それ以前のアニメ…マジンガーZやヤマトや999やガンダムとかも印象に残りましたが、後に「エヴァンゲリオン」で有名になったガイナックスの「王立宇宙軍」は特に好きでした。…HEROがヒーローしてない。

    紛争地の最中の境界線上で政治や経済や貧困などの影響も有りながらも有人ロケットを飛ばす…愚かしくも男達の成し遂げようとする姿勢は素敵に思えました。

    ギリギリの中に「夢」を詰め込む…あの頃?のアニメや漫画には夢が詰まってました。…永遠のHEROより軽々しくも一瞬の幸せを選択した瞬間かもしれません。

    1. BLACK EYE より:

      あ…そうだ。

      もし、お暇が有れば1998年のサンライズ製作の「カウボーイ・ビバップ」はおすすめです。

      それまでのアニメの集大成…漢(おとこ)の全てが詰まってます…なんちゃって。過言過ぎました。

      …海外でも人気あった作品ですね。

      ラストは男泣きです…一人の女性にこれだけの愛情を注ぐなんて…

      …頑張れ、男の子。

      1. match より:

        「カウボーイビバップ」ですね。
        探して、見てみます。
        u-nextにあったらいいんですが。

        1. BLACK EYE より:

          超有名なんで多分…
          音楽も素晴らしいです。

          オープニング曲も有名になったので、テレビとかの番組のBGMで1度は聞いたこと有るかも。

          1. match より:

            カウボーイビバップ 5話まで見ました。
            音楽がいいですね。
            コブラとルパン3世を混ぜた感じがしました。
            続きはゆっくり見ます。

コメントを残す